父、帰る
ホーム > 作品情報 > 映画「父、帰る」
メニュー

父、帰る

劇場公開日

解説

母子家庭の二人の少年と、12年ぶりに突然帰ってきた父親との小旅行を描く家族劇。監督はこれが長編映画デビューとなるアンドレイ・ズビャギンツェフ。出演は本作撮影後まもなく不慮の事故で溺死したウラジーミル・ガーリン、子役のイワン・ドブロヌラヴォフ、主に舞台俳優として活躍するコンスタンチン・ラヴロネンコほか。2003年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、新人監督賞、同年リュブリャーナ国際映画祭グランプリ、同年ザグレブ国際映画祭グランプリ、同年ロシア映画批評家協会賞、最優秀作品賞、最優秀新人監督賞、最優秀撮影賞ほか多数受賞。

ストーリー

母(ナタリヤ・ヴドヴィナ)とささやかに暮らしている、アンドレイ(ウラジーミル・ガーリン)とイワン(イワン・ドブロヌラヴォフ)の二人の兄弟。ある夏の日、家を出ていた父(コンスタンチン・ラヴロネンコ)が12年ぶりに突然帰ってきた。写真でしか見覚えのない父の出現に、混乱する兄弟。しかも父は家長然とした態度でいろいろ仕切りはじめ、しばらく息子たちと旅に出ると言い出す。翌日の朝、父と兄弟の3人は釣り竿とテントを積み、車で遥か北部の湖に浮かぶ無人島を目指して出発した。目的地にまでは3日かかるらしく、父は息子たちに男としての強さを教育しはじめる。その余りに粗暴な教え方に、イワンは時折歯向かってみるが、その度に押さえ付けられるだけだった。アンドレイは次第に父を慕っていくが、イワンは憎しみが募るばかり。そんな中、無人島に到着。兄弟は一時間だけの約束でボートで湖に出るが、イワンが魚を捕ることにこだわり、遅刻。父は激怒し暴力をふるう。我慢できなくなったイワンは逃げて塔の上に登るが、追いかけてきた父が転落死してしまう。兄弟は泣きながら父の遺体を運び、無人島を脱出するが、陸地についたとたんボートが流されてしまい、遺体は湖の底へと沈んでしまうのだっ。...

作品データ

原題 Vozrashchenie
製作年 2003年
製作国 ロシア
配給 アスミック・エース
上映時間 111分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全4件)
  • 後半やっつけ仕事みたいな感じだったから低評価です。 う~ん?なんだろ?観てて物凄く観いってしまったが後半から最後は、えっ?って感じだった。これはひょっとして謎の部分は視聴者の創造にお任せ的な映画だったのであろう。ただあの謎の箱は何だろうとかお父さ... ...続きを読む

    エイジ エイジさん  2014年9月30日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • シンプル過ぎる。描写が欲しい。 人を選ぶ映画だと思う。自分には合わなかった…解釈力が足りなかった… 作品の中で作品が完結していないしのが一番の不満点。そういう作品はむしろ好きだけど、あまりにも描写不足で、シンプル過ぎる。事前知... ...続きを読む

    めまめ めまめさん  2014年5月4日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 図太い親爺 ネタバレ! 総合:65点 ストーリー: 55 キャスト: 70 演出: 75 ビジュアル: 75 音楽: 70 この長い不在の年月を感じない堂々とした態度と自信はどこから湧いてくるのだろうか。12年間の説明... ...続きを読む

    Cape God Cape Godさん  2013年3月7日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi