氷上乱舞
ホーム > 作品情報 > 映画「氷上乱舞」
メニュー

氷上乱舞

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「銀盤の女王」と同じくシドニー・ランフィールドが監督したソニア・ヘニー主演映画で「勝鬨」「四つの恋愛」のタイロン・パワーが共演する。アッチラ・オルボックの喜劇をボリス・イングスターとミルトン・スパーリングが協力脚色したもの。助演者は「愛と光」のアーサー・トリーチャー、「舗道の青春」のレイモンド・ウォルバーン、新顔のジョーン・デービス、リー・レイ等。撮影はロバート・ブランクとエドワード・クロンジェガーが共同した。

ストーリー

隠れたるスケートの天才リリ・ハイザーはスイスアルプスのサン・クリストフ村のホテルのスケート教師である。ウインター・スポーツのシーズンが来ても降雪がなく、弱りぬいている時、某公国の公子が数十名の一行を引き連れて投宿するという吉報。折しも大雪が降って、公子到着の朝は理想的な積雪状態。サン・クリストフは一時に蘇った。その夜リリはホテルから帰るのに、公子の自動車運転手旧友だったので、その自動車で送ってもらった。それを見付けた女友達は公子ルドルフがリリに恋をなされた、と早合点してたちまち村中がこの噂で持ちきり。知らないのは当人たちばかりだった。その朝リリはスキーに出掛けて、一人お忍びでやはりスキーに来た公子とゲレンデで逢った。そして二人は一目で恋し合った。公子はわざと新聞記者ルーディと名乗り、明日を約して別れた。一方、リリが公子の想い者になったという噂を聞いたホテルの支配人は、早速リリをホテルの最上等の一室に招じ、宣伝を始める。公子ルドルフを口説き落として有利な条約を結ぼうと暗躍しているA国の特使男爵とB国の特使伯爵は、まず馬を射よ、の筆法で競ってリリに贈り物を捧げる。何が何やらわからぬリリは、どうしたら良かろうかルーディに相談する。公子はリリが本当に何も知らずに、彼を新聞記者と思い込んでいて愛してくれていることがわかったのでますますリリをいとしく想い、構わないから皆のするがままに任せておくがいい、と教える。支配人の宣伝は奏効し、世界中の新聞が「公子とスケート教師の恋」と書き立てたので、ホテルは千客万来の大景気となる。リリはその新聞を見ると驚いて、自分の愛人は公子ではなく一新聞記者のルーディだと言明する。余り騒ぎが大きいので公子の身の上を気遣って総理大臣が迎えに来るが、時すでに遅く公子ルドルフはリリと結婚すべく決意していた。リリは新聞記者だとばかり思っていたルーディが、公子だったことを初めて知って夢に夢見る心地で、天晴れ公妃様になることになった。その喜びを胸に抱き、リリは銀盤にスケートの妙技をふるい、拍手喝采の波につつまれたのであった。...

作品データ

原題 Thin Ice
製作年 1937年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第10回 アカデミー賞(1938年)

ノミネート
ダンス監督賞 Harry Losee
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi