若妻の匂い
ホーム > 作品情報 > 映画「若妻の匂い」
メニュー

若妻の匂い

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

留守がちな夫との生活に満ち足りない若妻の淫らな体験を描く。製作はアキーレ・マンゾッティ、監督は「スキャンダル愛の罠」のサルヴァトーレ・サンペリ、脚本はサンペリとアレッサンドロ・カポーネ、音楽はリズ・オルトラーニが担当。出演はフローレンス・マンゾッティ、カトリン・ミケルソン、ロレンツォ・レナほか。

ストーリー

左翼系の判事ジェイコブ(サイラス・エリアス)は、裕福な家庭の出身で、現在は北イタリアの町で職務に付いている。彼の妻アンナ(フローレンス・マンゾッティ)は、まだ若く、いつも留守がちな夫に不満だ。彼女にはまだ子供もなく、そのことでいっそう精神的に不安定だった。夫婦はジェイコブの実家で年老いた母親と一緒に暮らしていたが、もう一人、アンジェラ(カトリン・ミケルソン)という若い家政婦も一緒に住んでいた。アンジェラは、社交的で官能的で、付き合っている男性も多かった。ただ、妊娠することだけは避けようと努めていた。そんな彼女とアンナがひょんなことから接近した。アンジェラはアンナをあるゲームに誘う。それは、始めは無邪気なものだったが、次第に真剣なものへ、そして、アンナの性的欲求を呼び覚ますものへと変わっていった。彼女たちのゲームは、アンジェラが町のダンスホールで知り合った男たちとの間で展開された。アンジェラはアンナを逆に召使のように扱い、邪悪な行為をアンナに求めた。二人がゲームに熱中していた或る日、ジェイコブの母親が死んだ。まもなくアンジェラは、変質者風な男を家に連れてきて、アンナに関係させようとするが、アンジェラをうとましく思いだしていたアンナは、逆にアンジェラをその変質者と関係させ、彼女を妊娠させてしまう。そして二ヵ月後、アンジェラは、夫となる男を探すために故郷に帰っていった。珍しく家に帰ってきたジェイコブは、アンジェラがやめてしまったことに驚くが、それよりも増して、アンナの変化に驚くのだった。...

作品データ

原題 The Corruption La Bonne
製作年 1986年
製作国 イタリア・フランス合作
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi