レボリューション めぐり逢い
ホーム > 作品情報 > 映画「レボリューション めぐり逢い」
メニュー

レボリューション めぐり逢い

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

アメリカ独立前夜を背景に父と子、男女の愛を描く。製作はアーウィン・ウィンクラー、エグゼキュティヴ・プロデューサーはクリス・バート、監督は「グレイストーク ターザンの伝説」のヒュー・ハドソン、脚本はロバート・ディロン、撮影はベルナール・リュティック、編集はスチュワート・ベアードが担当。出演はアル・パチーノ、ナスターシャ・キンスキーほか。

ストーリー

1776年。トム・ドッブ(アル・パチーノ)と14歳の息子ネッド(シド・オウエン)は、合衆国独立戦争の嵐の中にいた。トムにとって独立は他人ごとだったが、息子のネッドが独立軍に入隊したことから、ネッドと共に戦う道を選んだ。ブルックリン郊外の戦闘のさ中、トムは、デイジー(ナスターシャ・キンスキー)という名の若い娘と出会う。彼女は豊福な商人の娘だったが、独立戦争にすべてを賭けていた。二人はいつしか愛し合うようになった。一方、独立軍は、ピーシー軍曹(ドナルド・サザーランド)率いるイギリス帝国軍に大敗し、トムはネッドとはぐれてしまった。ネッドを追って北へ向かうトム。ピーシーに捕えられたネッドを隙をみて救い出したトムは、まもなく、イロコワ・インディアンに追われる。傷ついたネッドを介抱するトム。時は流れ、1781年。独立軍駐屯地フォージュの谷で、成長したネッド(デクスター・フレッチャー)は、偶然デイジーと再会する。やがてトムもデイジーと会い、二人は再び愛を交わす。独立が時間の問題となった頃、逃げるイギリス軍を追いつめる独立軍と共に行動するトムたちは、ピーシーの姿を見つけ、追いつめる。死闘の末、ネッドは軍曹に向けた銃の引き金を押さえるが、引くまでに到らなかった。戦争が終り、自由への歓喜でわく町の中。やがて、フォージュの谷で知り合った美しい娘と旅立ったネッドを見送った後、トムは、人々のざわめきの中に懐しい姿を発見した。トムに気づき微笑みを返すデイジーだった。...

キャスト

作品データ

原題 Revolution
製作年 1985年
製作国 イギリス
配給 東映クラシックフィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「レボリューション めぐり逢い」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi