レッド・スコルピオン
ホーム > 作品情報 > 映画「レッド・スコルピオン」
メニュー

レッド・スコルピオン

劇場公開日

解説

アフリカ南部の共産主義国家に潜入したソ連の特殊部隊兵士の活躍を描くアクション映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはロバート・アブラモフとダニエル・スカラー、ポール・エリックソン、製作はジャック・アブラモフ、監督は「地獄のコマンド」のジョセフ・ジトー、アブラモフ兄弟とアーン・オールセンの原案を基にオールセンが脚本、撮影はジョアオ・フェルナンデス、音楽はジェイ・チャタウェイが担当。出演は「ロッキー4 炎の友情」のドルフ・ラングレン、M・エメット・ウォルシュほか。

ストーリー

アフリカ南部の共産主義国家モンバカの反政府勢力のカリスマ的指導者スンタダ(ルーベン・オージー)暗殺の使命を、ソ連軍フォルテーク将軍(T・P・マッケンナ)からうけたソ連陸軍特殊部隊(スペツナズ)の最強兵士ニコライ・ラチェンコ(ドルフ・ラングレン)は、正体を隠し一兵士として、留置所に潜り込み、革命勢力のナンバー2として捕えられているカルンダ(アル・ホワイト)に接近し、彼とは旧知のアメリカ人ジャーナリスト、デューイ・ファーガソン(M・エメット・ウォルシュ)の3人で脱走、反政府の勢力圏に到着するが、外国人の暴虐を目撃し、スンダタの指導力と包容力にニコライは動揺する。果たして暗殺を実行に移すものの失敗に終わり、スンダタは彼を殺す代わりに砂漠に放置した。命からがら基地に戻ったニコライは、友軍のチェコの将校クラスノフ(ブライオン・ジェームズ)の厳しい拷問をうけ、作戦の失敗を知ったフォルテーク将軍が彼を抹殺しろと命じていることを知り、再び脱走するも砂漠に倒れる。そんな彼をブッシュマンの老人が助け、彼のもとでサバイバルを学び狩人として認められたニコライは、ソ連の科学兵器の暴力に立ち上がることを決意。革命派のキャンプに向かい、スンダタ、カルンダ、ファーガソンたちとともにソ連軍基地に襲いかかり、ついに勝利を手中にするのだった。...

作品データ

原題 Red Scorpion
製作年 1988年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.5 2.5 (全4件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi