ラテンアメリカ 光と影の詩のレビュー・感想・評価

ラテンアメリカ 光と影の詩

劇場公開日 1995年4月15日
1件を表示 映画レビューを書く

主人公が求めた"もの"しか見えてこない

詩的映像美でありながらシニカルな映像を織り混ぜつつ、ラテンアメリカの今を写し出した作品。
パタゴニアやアマゾンなどラテンアメリカ独特の被写体を詩的に映しながらも、そこで生活を営む人々のリアルな現実が見えてくる。
ロードムービーとしてもマルティンの心情がしっかり変化を遂げられて完結している。
ただ、邦題からも分かるようにラテンアメリカを伝える手段として"言葉"に頼りすぎているように思う。
主人公の心が求めた本質は見えたが、"映画"という本質が見えにくくなってしまっている。

elle,f
elle,fさん / 2011年12月26日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi