欲情の媚薬
ホーム > 作品情報 > 映画「欲情の媚薬」
メニュー

欲情の媚薬

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

一夜の過ちから殺人事件に巻き込まれる男の姿を描いたサスペンス。監督は「スリー・オブ・ハーツ」のユレク・ボガエヴィッチ。製作はスコット・エインビンダー、キャロル・コッテンブルック、「ブロンドの標的」のスティーヴン・ポール。脚本はJ・S・カルドンとデイヴィッド・ウォマークの原案を基にカルドンとユレク・ボガエヴィッチが執筆。製作総指揮はハンク・ポール、カルドンとウォマークの共同。撮影はエリクソン・コア。音楽はマイカル・ロレンク。美術はジャック・ユベール。編集はゲイル・ヤスナガ。衣裳はパリス・リビーがそれぞれ担当。主演は「ダブルチーム」のミッキー・ローク。共演は「シザーハンズ」のアンソニー・マイケル・ホール、「クライシス2050」のアナベル・スコフィールド、「蘭の女」で共演後ローク夫人となったキャリー・オーティスほか。

ストーリー

ロサンゼルスの精神科医エド・アルトマン(ミッキー・ローク)は、関係した女性患者が謎の死を遂げたため、パーム・スプリングスへ移った。恋人で弁護士のケイト(キャリー・オーティス)は彼を助けてくれはするが、気持ちは離れている。そんなある日。片田舎の酒場で彼はアリー(アナベル・スコフィールド)というセクシーな美女と知り合う。彼は彼女と一夜を共にするが、それは罠だった。富豪の若い妻である彼女は、愛人で前科者のニック(アンソニー・マイケル・ホール)と共謀して、夫殺しの計画にエドを引きずり込んだのだ。彼を証人に仕立てようという作戦だったが、エドはそれに気づくと、自分に接近してきたニックを叩きのめしてアリーの企みを聞き出した。そこへ奪い取った札束を持ってアリーが現れ、エドは二人に強要されるまま、車を走らせる。だが、警察の検問の前でアリーとニックは互いに撃ち合って果てた。エドは苦い思いをかみしめた。...

作品データ

原題 Exit in Red
製作年 1996年
製作国 アメリカ
配給 コムストック配給(フジテレビジョン=ポニーキャニオン=コムストック提供)
上映時間 99分
映倫区分 R15+

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi