遺言(1976)
ホーム > 作品情報 > 映画「遺言(1976)」
メニュー

遺言(1976)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

美しい映像で、閉鎖的な社会での芸術家の受難を描いた田園叙情詩。監督は、28歳で世を去った、ユーゴでは伝説的存在のイヴィカ・マティック。本作はマティックの初の長編であり、撮影終了後に完成を見ずに死去、死後14年を経て教え子たちの手によって完成された。90年モントリオール世界映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。

ストーリー

ボスニア地方のある小さな村に、ひとりの森林監督官(ストーレ・アランデロヴィチ)が赴任してくる。彼は生真面目に仕事はこなすものの、なかなか村人たちには溶けこめなかった。彼の趣味は田園の絵を描くことだったが、村の主婦たちの裸像も描いていることが知れ、男たちに袋だたきにされる。やがて村の女と結婚した監督官は、妻(ボジタルカ・フラート)にまでキャンバスを向けたため非難されて家を出た。そして牛の角に突かれて死に、芸術家として手厚く葬られる。...

作品データ

原題 Landscape with a Woman Zeba s Krajolikom
製作年 1976年
製作国 ユーゴスラビア
配給 松竹富士=アルシネテラン
上映時間 75分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi