ヤング・アインシュタイン
ホーム > 作品情報 > 映画「ヤング・アインシュタイン」
メニュー

ヤング・アインシュタイン

劇場公開日

解説

エレキ片手の若きアインシュタインの奇想天外な冒険を描くファンタスティックコメディー。これがデビューのヤッホー・シリアスが監督・脚本・主演のほかにワーウィック・ロス、共同脚本のデイヴィッド・ローチと共に製作まで手がけ、撮影はジェフ・ダーリングが担当。出演はほかにオーディル・ル・クレジオら。

ストーリー

タスマニア・デビルに囲まれてのどかに暮らしていたアルバート・アインシュタイン(ヤッホー・シリアス)は自家製ビールに泡を立てる方法を思案中に相対性理論の公式「E=mC2」を発見する。父の勧めで泡入りビールの特許を得るためエレクトリック・ビオラを片手に文明の地シドニーへ向かう。シドニーへの列車の中でマリー・キューリー(オディル・ル・クレジオ)と出会い、恋におちるが同席していたプレストン・プレストン(ジョン・ハワード)によって邪魔されてしまう。大発明も特許許可局で単なる紙切れにされてしまったアルバートであったが、キューリーの擁護でプレストンの会社で働くことになる。サーフィンを発明したり何かにつけキューリーの心を引いているアルバートに嫉妬したプレストンは彼を精神病院に入れ、泡入りビールを製造しノーベル賞までも受賞しようと企んだ。気のいい科学者が集まる精神病院でその発明が実は原子爆弾であることに気付く。折よく、アルバートの父に変装し助けにきたキューリーによりプレストンの企みに気付いたアルバートはエレクトリック・ギターで電子ロックを破壊させ、見事脱出する。しかし、手を下さず考え込んでいるアルバートを厳しく叱咤したキューリーはフランスに戻ってしまう。フランスヘボートで旅立ったアルバート。キューリーは冷たくあしらうが、「阻止するために来た」とアルバートはキューリーをつれノーベル賞受賞会場へ気球で向かう。が、既に原子爆弾と化した泡入りビール製造機は回転し始めていた。アルバートは機転をきかせ、エレクトリック・ギターでそのエネルギーを放出させ、世界初の原子爆弾は不発のままに終わった。そしてプレストンを倒し、ノーベル賞を受賞したアルバートはキューリーをつれて故郷のタスマニアに凱旋するのだった。...

作品データ

原題 Young Einstein
製作年 1989年
製作国 オーストラリア
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画=ワーナー・ブラザース

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ヤング・アインシュタイン ヤング・アインシュタイン
ヤング・アインシュタイン ヤング・アインシュタイン
2016年9月10日 2015年5月22日
¥500 ¥309
ビデオマーケット ニコニコ動画
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「ヤング・アインシュタイン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi