マパンツラ
ホーム > 作品情報 > 映画「マパンツラ」
メニュー

マパンツラ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

南アフリカの黒人マパンツラ(チンピラ)を主人公に、アパルトヘイトに対する反抗を描いた人間ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはデイヴィッド・ハネイとキース・ローゼンバーム、製作はマックス・モントッチョ、監督はこれがデビューのオリヴァー・シュミッツ、脚本はシュミッツと出演も兼ねるトーマス・モホチャニの共同執筆、撮影はロッド・スチュワート、音楽はザ・オウエンズが担当。出演は、ほかにマーセル・ファン・ヒアルダンほか。

ストーリー

南アフリカ。ソウェト(ヨハネスブルグ郊外の黒人居住区)に住むチンピラのパニック(トーマス・モホチャニ)はスリや泥棒で刑務所を出たり入ったりの生活をしている。ある日パニックはガールフレンドのパット(テンビ・ムチャリ)の仕事先に金の無心に行くが、雇い主に見つかり追い出される。パットはその場で解雇され、パニックにも愛想を尽かす。政治活動をしているサム(ユージン・マジョラ)の世話で、闘争結社に陳情したパットはミーティングに参加、政治活動に関心を向け始める。ある日のデモでサムが逮捕され、パニックも巻き添えになる。パニックは政治犯たちと同じ監房に入れられるが、彼らはチンピラのパニックを相手にしない。警察は、パニックを組織の情報屋にしようと謀るが、彼は拷問を覚悟で反抗を決意するのだった。...

作品データ

原題 Mapantsula
製作年 1988年
製作国 南アフリカ・オーストラリア合作
配給 アップリンク

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第41回 カンヌ国際映画祭(1988年)

出品
ある視点部門
出品作品 オリバー・シュミッツ
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi