マッド・キラー 鮮血のしぶき
ホーム > 作品情報 > 映画「マッド・キラー 鮮血のしぶき」
メニュー

マッド・キラー 鮮血のしぶき

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

電話を利用して殺人を重ねる姉弟と事件の顛末を描くサスペンス。監督はウィリアム・ウェッブ、製作はトム・バーンズ、カート・アンダーソン、ウィリアム・ウェッブの三人、脚本はリチャード・ブランデス、原案はトム・バーンズ、撮影はジョン・ヒューネック、音楽はサム・ワイナンス、編集はポール・コヴァル、美術はマーク・サイモンがそれぞれ担当。元ミス・ユニヴァースのショーン・ウェザリーが準主役を演じた。

ストーリー

アンジェリー(グレタ・ブラックバーン)は、母を虐待し、自分をレイプした父を憎んでいた。彼女は、電話回線を開放して複数の人と同時に通話できるシステム“パーティー・ライン”に参加し、父親そっくりの男をひっかけては弟のセス(レイフ・ギャレット)に殺させていた。かつてセスは姉の命令で父親を剃刀で殺害しており、それ以来、殺人鬼と化していたのだ。地方検事補ステイシー(ショーン・ウェザリー)は粗野なダン刑事(リチャード・ハッチ)とともに捜査に当り、凶悪な殺人姉弟を倒すことに成功する。...

作品データ

原題 Party Line
製作年 1988年
製作国 アメリカ
配給 ヒューマックス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi