マイ・ソング
ホーム > 作品情報 > 映画「マイ・ソング」
メニュー

マイ・ソング

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

無名の下積み女性タレントが恋をし、恋に破れ、再び生きていく姿を描く。製作・監督・脚本・音楽は「悲しみの青春」などの映画音楽を手がけた作曲家ジョセフ・ブルックス、共同製作はニコラス・グリッポ、エドウィン・モーガン、撮影はエリック・サーリネン、編集はリンジー・クリングマン、音楽演奏はニューヨーク・フィルハーモニックが各々担当。出演はディディ・コン、ジョー・シルバー、マイケル・ザスロー、ステファン・ネイザン、メラニー・メイロン、ジェリー・ケラー、リサ・リーブス、ジョン・ゴワンズなど。

ストーリー

ローリー(ディディ・コン)は、今日もローカルTVの番組に出るために車を走らせていた。彼女は下積みタレント。この番組に出ているのも、コメディアンの父、サイ(ジョー・シルバー)と共に舞台に登ったことがあるからだ。このTVの他に、CMに出ているが、どうもうまくいっていない。今、彼女の楽しみは、仲間と共に音楽を演奏したり、作曲することであった。そして、そのローリーは、数日中に結婚することになっている。相手の名はケン(スティーヴン・ザイネン)、テニスの先生をやっている。ある夜、ローリーは親友のアニー(メラニー・メイロン)と食事にいった時、あるハンサムな青年に会い、いきなりキスをされ、求愛された。青年はクリス(マイケル・ザスロー)という、プレイボーイ風の人間。2人はクリスの部屋で激愛したが、翌朝2人は別れた。そして結婚式のリハーサルに行くローリー。ある日、彼女は歌のオーディションに録音スタジオに出かけ、そこでクリスと再会する。彼は映画監督だったのだ。彼女の作曲した歌「ユー・ライト・アップ・マイ・ライフ」は大成功。クリスはこの歌を今作っている映画に、と申し込み、次作の映画にローリーの出演を依頼する。それが、ローリーに近づくためのクリスの策略だとしても、ローリーはクリスと別れられなかった。そして、彼女がケンと式を上げる前日、彼女はケンにいった、「もう貴方を愛してはいない」と。ケンは悲しみに涙し、ローリーはクリスのアパートを訪れた。これで、クリスと真実の愛を語りあえる。だが、ローリーが部屋のドアを開けると、ブロンドの女と他に2、3人の女が……。しかも、「ローリーのやる役はブロンドがやることになった」というクリス。今、ローリーは自分のバカさかげんに気づく。そして元の下積みタレントに戻る彼女。そして彼女ははっきりと父にいう。「私はシンガーソングライターになる」と--。彼女はニューヨークへレコーディングにいくのだ。赤い車を飛ばし、ニューヨークへ向かうローリー。父にも、ほかの男性にも頼らず、今、ローリーには音楽が、新しい人生が開けようとしていた。...

作品データ

原題 You Light Up My Life
製作年 1977年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第50回 アカデミー賞(1978年)

受賞
主題歌賞 “You Light Up My Life”

第35回 ゴールデングローブ賞(1978年)

受賞
最優秀主題歌賞 “You Light Up My Life”
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi