フラッシュ・ゴードンのレビュー・感想・評価

フラッシュ・ゴードン

劇場公開日 1981年2月21日
2件を表示 映画レビューを書く

バカげた内容なんですが、勢いよく一気に魅せてくれる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ヒーロー フラッシュ、ホークマンのバルタン、パリン公の3つの勢力が結束し、悪の宇宙の支配者ミンと決戦する。

アメリカン・コミックのヒーローらしいんですが、その存在はまったく知らない状態での視聴。

おそらくアメコミ「フラッシュ・ゴードン」が、映画「スター・ウォーズ」や漫画「コブラ」の元ネタになってるんだとおもいます。

Queenの“フラッシュのテーマ”もハマっていてる。

バカげた内容なんですが、勢いよく一気に魅せてくれる作品。
敵が分かりやすい悪者なのも、見やい要因だとおもいます。

不死鳥
不死鳥さん / 2015年2月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

♪ドッドッドッドッドッドッドッドッ…フラッシュ!アァ〜

偶然TSUTAYAに置いてあったのを見つけ(しかも新作)、思わず借りてしまった。
何故借りたかと言うと、勿論「テッド」の影響(笑)

「スーパーマン」に並ぶ人気を誇るアメコミの映画化。
「スター・ウォーズ」の元ネタの一つで、ジョージ・ルーカスは「スター・ウォーズ」製作前に「フラッシュ・ゴードン」の映画化を考えていた…というのは有名な話。
1930年代に一度映画化され(シリーズ化もされた)、本作は1980年の2度目の映画化。
「スーパーマン」も過去に何度か映像化され、1978年(と今年)には超大作となったのだが、こちらは超大作にはなれなかった?

いやはやチープである(笑)
「テッド」でいい意味でパロディにされてたのも納得のチープさである。
1980年と言うと、既に「スター・ウォーズ」や「スーパーマン」や「エイリアン」が製作され、技術的に進歩していた筈。
なのに、セットも衣装もメイクも特撮も安っぽい事(笑)
それこそ、TV特撮か50年代のSF映画。ピアノ線も見えちゃったし。
予算が無かったのかな? それとも敢えてB級のノリで作ったのかな?

話は単純明快なヒーロー活劇だが、至る所に後のSF作品への影響が見て取れる。
他惑星からの攻撃は、「スターシップ・トゥルーパーズ」や「宇宙戦艦ヤマト」へ継承。
乗り込んだロケットがアクシデントで発進…というのは、「ドラえもん」でよくある話。
偶然か運命か、選ばれた地球人が宇宙を救う…という筋書きは、「グリーン・ランタン」といった所か。

主演のサム・ジョーンズが何故か藤岡弘とダブって見えて仕方なかった(笑)
皇帝ミンは名優マックス・フォン・シドー!
おや、4代目ボンドも発見。

ツッコミ所は有り過ぎ。
惑星モンゴに不時着して何の躊躇いも無くロケットから出るフラッシュたち。酸素あるのかよ!
そして皆、英語で会話。宇宙共通の言葉!
何故アメフトの花形選手が宇宙を救う?…と指摘するのは野暮。だって、そういう話なのだから!
宇宙を舞台にした勧善懲悪ストーリーは、素直に童心をくすぐる。
「スター・ウォーズ」や「スーパーマン」のようなA級超大作にはなれなかったけど、ああいう風にオマージュを捧げられたら作品冥利に尽きる。

見なきゃ良かった…とは思わなかった。1800円出して劇場で見たら凹むかもしれないが(笑)
友達と家でツッコミながら見るのがオススメの鑑賞法。

QUEENの音楽がカッケ〜!

近大
近大さん / 2013年8月4日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi