ひとりで生きるのレビュー・感想・評価

メニュー

ひとりで生きる

劇場公開日 1995年5月13日
1件を表示 映画レビューを書く

夢見るような恐ろしさ

『動くな、死ね、甦れ!』の続編。第二次世界大戦直後のロシアの炭鉱町。15歳になった少年ワレルカと、前作で死んだガリーヤの妹ワーリャの物語だが、監督自身の記憶と心象風景を描く幻想的な映像と音楽で映画は綴られてゆく。霧と凍った大地の風景が、かさかさの感情と生存本能が剥き出しになった生活が、繰り返し流れる近所のオヤジの下品で無遠慮でやかましい歌の調べと日本人捕虜の歌う子守唄が、そして自分が生きる場所を求めて諦めかけ苦悩する若い精神が、ひとつひとつ美しく寒く痛々しい。ワレルカは全てを置き去り、ワーリャを失い、一人になる。無意識をそのまま映像化したような、言語から最も遠い映画作品。

manambo
manamboさん / 2015年2月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi