ハングマン(1987)
ホーム > 作品情報 > 映画「ハングマン(1987)」
メニュー

ハングマン(1987)

劇場公開日

解説

CIAの内部抗争に巻き込まれた元グリーン・ベレー隊員の捨て身の戦いを描く。製作・主演およびスタント・コーディネータにリチャード・R・ウォシュバーン。製作・監督・脚本にJ・クリスチャン・イングヴォールドセン、製作・撮影・脚本にスティーヴン・W・カーマンという共同作業。出演はほかにドグ・トーマス、キース・ボガート、ジェイク・ラモッタ(「レイジング・ブル」のモデルとなった元ボクサー)など。

ストーリー

CIA上層部が頭を痛めていたのは、ジョー・コネリー課長を中心とした内部の暴走分子による暗殺事件であった。彼を倒すため、元グリーン・べレー隊員で左遷されていたロブ・グリーン(リチャード・R・ウォシュバーン)が呼び戻されることになった。その事を早くもかぎつけたコネリーは、ロブの元妻キャロラインを殺し、次いで息子のダニー(キース・ボガート)にもその手が及ぶ。ロブはかつての仲間たち6人でコネリー一味に立ち向かい、激戦のすえ、遂に捕まっていたダニーを救い、コネリーを倒す。...

作品データ

原題 Hungmen
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 ジョイパックフィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ハングマン(1987)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi