ハイリスク
ホーム > 作品情報 > 映画「ハイリスク」
メニュー

ハイリスク

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

高層ビルを乗っ取ったテロリストに単身立ち向かう元特殊部隊隊員の活躍を描くアクション。「ダイ・ハード」を向こうに回した設定ながら、ビル内部を走り回る自動車、ラストのヘリコプターの破壊場面など、大仕掛けな特撮も見もの。主演は90年代最高のクンフー・スターの地位を得たリー・リンチェイと、「楽園の瑕」のジャッキー・チュンで、ブルース・リーばりのトラック・スーツを着込んで本格的にクンフーに挑んでいるのも話題に。監督・製作・脚本は香港一のヒットメーカー、バリー・ウォン。共演はウォン製作の『新・少林寺伝説』(V)に続いてリーとの共演となるチンミー・ヤウ、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」などベテランのウー・マ、「天使の涙」のチャーリー・ヤン、「恋する惑星」のチャウ・カーリン、『フィスト・オブ・レジェンド』(V)のビリー・チョウなど、多彩な顔ぶれ。

ストーリー

特殊部隊のリー(リー・リンチェイ)は、“ドクター”(ウォン・シウ)と呼ばれる爆弾テロリストに妻子を爆殺された。数年後。クンフー・スターのフランキー・ローン(ジャッキー・チュン)のスタントマンになっていたリーは、フランキーが招待された宝石展示会の会場であのドクターを発見。ドクター率いるテロリストは宝石を狙って展示会を急襲、フランキーやその老父(ウー・マ)らを人質に取った。潜入したリーは、テレビ・レポーターのハニー(チンミー・ヤウ)らと協力して応戦。テロリストは毒蛇まで持ち込んで人質を翻弄する。一度は外に放り出されたリーだが、ヘリコプターで逆襲、ビルに突っ込む。一方、フランキーはテロリストの一員ソン(ビリー・チョウ)に戦いを挑まれ、制止しようとした老父が足蹴にされたのを見て逆上、本来以上の力でソンを倒した。ドクターはハニーを捕え、かつてリーの妻子を爆殺したのと同じトラップ爆弾を彼女に仕掛けて哄笑。だが、リーは今度は解除に成功。ドクターは彼が放ったナイフについた毒蛇の猛毒によって惨死した。...

スタッフ

監督
バリー・ウォン
脚本
バリー・ウォン
製作総指揮
ヤン・タンクェイ
製作
ペイ・シャイチャン
バリー・ウォン
撮影
トム・ラウ
美術
ジェーソン・マク
音楽
リチャード・ユエン
編集
アンジー・ラム
字幕
風間綾平

作品データ

原題 鼠胆龍威/High Risk
製作年 1995年
製作国 香港
配給 ツイン
上映時間 102分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi