呪われたランプ
ホーム > 作品情報 > 映画「呪われたランプ」
メニュー

呪われたランプ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

悪霊と高校生たちの闘いを描くスプラッター・ホラー。監督はトム・デイリー、エグゼクティヴ・プロデューサーはフレッド・T・クエナートとM・N・サヌーシ、製作・脚本はウォーレン・チェイニー、製作協力はデボラ・ウィンタース、撮影はハーバート・ラディシュニング、音楽はジョエル・ローゼンバームとブルース・ミラー、編集はクラウディオ・キュートリー、キャスティングはD・W・シャネー、SFXはテクノマジック・フィルム・エフェクツがそれぞれ担当。

ストーリー

血塗られた歴史をもつ5500年前の古代メソポタミアのランプが、博物館に収容された。館長アルバート・ウォーレス博士(ジェームズ・ヒューストン)はこのランプに興味を覚え研究対象にすることにした。館長の娘で高校生のアレックス(アンドラ・セント・イバニュイ)は、仕事一筋で妻フェレル(デボラ・ウィンタース)と離婚した父親を憎んでおり、父の前で彼を批判し「殺したい」とまで口にする。その後彼女は、友人たちと博物館で一夜を過ごす計画を立てる。その当日、彼女たちは侵入に成功、地下の倉庫でビールを飲みながらおしゃべりに興じ、やがてカップルごとに別の部屋に移っていった。だがランプに封じ込められた悪霊が目覚め、楽しいはずの一夜が惨劇の夜に変わる。胴切りにされる少年、毒蛇の犠牲になる少女…。異変に気がついたアレックスと彼女のボーイフレンド、テッド(スコット・バンクストン)は外部に連絡しようとするが、電話は使用不能。ついにテッドも悪霊に操られたミイラの犠牲になる。ウォーレス博士はアレックスが家に帰っていないのに気づく。博物館に電話してもつながらないので、彼はフェレルと共に博物館へと向かった。悪霊が本当に狙っていたのはウォーレス博士だった。アレックスが口にした「(父を)殺したい」という“願い”を聞いていたのだ。悪霊は博士を襲う。が、アレックスが父に対する愛情を言葉にしたため、悪霊は姿を消した。...

作品データ

原題 The Lamp
製作年 1986年
製作国 アメリカ
配給 ジョイパックフィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi