トータル・リコール(1990)
ホーム > 作品情報 > 映画「トータル・リコール(1990)」
メニュー

トータル・リコール(1990)

劇場公開日

解説

フィリップ・K・ディックの短編小説「追憶売ります」をもとに、ポール・バーホーベン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で描いたSFアクション大作。西暦2084年、地球の植民地となっていた火星では、エネルギー鉱山の採掘を仕切るコーヘイゲンとそれに対抗する反乱分子の小競り合いが続いていた。一方、地球に暮らす肉体労働者のダニエル・クエイドは、毎晩行ったこともない火星の夢を見てうなされていた。夢が気になるクエイドは「火星旅行の記憶を売る」というリコール社のサービスを受けることに。しかし、それをきっかけに今の自分の記憶が植えつけられた偽物であり、本当の自分はコーヘイゲンの片腕の諜報員ハウザーだったと知る。クエイドは真相を知るため火星に旅立つが、真実を隠匿するコーヘイゲンに命を狙われ……。

作品データ

原題 Total Recall
製作年 1990年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 113分

受賞歴

第14回 日本アカデミー賞(1991年)

ノミネート
外国作品賞  

第63回 アカデミー賞(1991年)

ノミネート
音響賞  
音響効果編集賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全14件)
  • 特殊効果がグロい!? 公開当時に映画館で観た以来の鑑賞でバーホーベン独特なB級っポイ雰囲気に正統派のシュワちゃんでチョイ違和感も!? それなりに複雑な展開で真面目に観ていないと話について行けなくなる感じ。 オッパイ3... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2017年5月3日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • このくらいの年代の映画はオリジナリティ溢れる発想でいい。 そして見... このくらいの年代の映画はオリジナリティ溢れる発想でいい。 そして見やすい。 目ん玉や舌飛び出るのとか鼻から発信機を取り出すのとかやっぱりこの頃から技術がすごいなアメリカは。 シュワちゃんの安定感... ...続きを読む

    ハル ハルさん  2017年4月25日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • おばちゃんスーツとロボタクシーが好き。 ミュータントや乗り物、マシーンなど当時、思い描いていた近未来が独特の世界観で表されていてニヤニヤしてしまう! 更にハッとさせられるストーリーが秀逸。 他のレビューでもある様に、小学生の頃に見たと... ...続きを読む

    にゃんた にゃんたさん  2016年5月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

トータル・リコール
トータル・リコール
2017年5月19日
¥1,007
Hulu
2週間無料

他のユーザーは「トータル・リコール(1990)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi