青春の輝き
ホーム > 作品情報 > 映画「青春の輝き」
メニュー

青春の輝き

劇場公開日

解説

エリートたちが学ぶ名門高校を舞台に、8人のクラスメイトの姿を描く青春ドラマ。監督は「F/X 引き裂かれたトリック」のロバート・マンデル。製作は「ブラック・レイン」のコンビ、スタンリー・R・ジャッフェとシェリー・ランシング。エグゼクティヴ・プロデューサーはダントン・リスナー。脚本はディック・ウルフと「ナッツ」のダリル・ポニクサン、撮影は「ケープ・フィアー」のフレディ・フランシス、音楽は「ゴースト ニューヨークの幻」のモーリス・ジャールが担当。主演はEncino Manのブレンダン・フレイザー、アメリカン・レパートリー・シアターの舞台で知られるマット・ダモン、「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」のクリス・オドネルほか、若手の注目俳優たちで固めている。

ストーリー

1955年、ニュー・イングランドの大学予備高校の名門セント・マシューズにフットボールの奨学生デイヴィッド(ブレンダン・フレーザー)が編入した。最終学年の転入、そして労働階級の出身ということで多くの生徒から注目されていた。ルームメイトのクリス(クリス・オドネル)、フットボール部のチームメイトであるリップ(ランダル・バティンコフ)、コナーズ(コール・ハウザー)、ディロン(マット・ダモン)、マクギヴァン(アンドリュー・ロワリー)ら口は悪いが気のいい仲間たちがデイヴィッドの友人になった。舎監でもあるフランス語教師のクリアリー(ツェリコ・イワネク)との対立、フットボールの試合での活躍、そしてパーティーで知り合ったディロンとつき合っているサリー(エイミー・ロケイン)との恋。そんなある日、クリアリーのサディスティックなまでの厳しい授業に耐えられず、マクギヴァンがノイローゼになって対立してしまう。そして逆転勝ちしたフットボールの試合後のパーティで、サリーが突然デイヴィッドとつき合っていることをディロンに告白してしまった。気まずくなったデイヴィットとディロン。そんな時、ディロンはデイヴィッドがユダヤ人であることを知り、それをクラスメイトに話してしまう。仲間たちから敬遠され始め、サリーとも気まずくなってしまったデイヴィット。そしてテスト中誰かがカンニングして先生にバレてしまうという事件が起きた。犯人はディロンだったが、デイヴィッドが濡れ衣を着せられそうになる。しかし目撃していた級友の証言で真相がわかり、ディロンは退学処分になるのだった。...

作品データ

原題 School Ties
製作年 1992年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント映画=UIP

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「青春の輝き」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi