スモール・ソルジャーズのレビュー・感想・評価

スモール・ソルジャーズ

劇場公開日 1998年12月23日
6件を表示 映画レビューを書く

我々はコマンドー・エリートだ!

相変わらず『グレムリン』の延長線上にあるようなお子様向けの作品を撮っているジョー・ダンテ監督だが、彼の戦争映画へのオマージュが笑えるパロディシーンとして見事に結実しているうえに、今回は大人の鑑賞にも耐えうる作品となっている。
高性能軍事チップを埋め込まれたオモチャの人形たちが、自由気ままに動き回るなんて夢のある話ではないか。
実写版『トイ・ストーリー』の世界を見ているようでもあるしね。
でもバビィ人形をオカルト風の女性兵士に改造してしまうのは、ちと悪趣味だったかな。
小さな女の子がこれを見て、トラウマになってしまわないかと心配になる。
『ランボー』や『パットン大戦車軍団』のジェリー・ゴールドスミスによる勇壮な音楽や、豪華な声優陣のシブい声が聞きどころでもある1本!

みつまる。
みつまる。さん / 2017年5月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 楽しい 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヒャッホー!!

なんだか、観終わった後、上記の題名のように無意味に叫びたくなりましたね・・・ ほんっと、ただただ面白いです、この映画。ジョー・ダンテ監督のテンションの高さがそのまま映像になっているかのようです。『グレムリンン』とまったく変わらない悪ノリが前回であります。
いやぁ、こういう映画って好きですねぇ。下手に教訓めいた物語とか見せられて、しかめっ面で映画館を出てくるよりも、この映画みたいに、やっぱ映画って楽しいよねって笑って映画館を出てきたいもんですよね。
女の子の人形のひん曲がった顔とか好きだったなぁ。チップ・ハザードの角刈り、如何にもどうしようもないアメリカ軍人だったなぁ。アーチャーの顔、凛々しかったなぁ。なんか、こうやって、それぞれのキャラクターを思い出しているだけで嬉しい気持ちなんです・・・

チャーリー
チャーリーさん / 2015年4月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少年時代に観ておきたい映画

アメトイやトイストーリー好きにはたまらない映画。昔VHSでバックトゥザフューチャーと並ぶくらいよく観てた。
今大きくなって改めて観てみたら、やっぱ 当時のワクワク感とのキャップがあって、少し寂しくなった。
だけど、この作品が好きなのは変わらない。 自分のフィギュアもアーチャーみたいに喋れたらな。。
地獄の黙示録パロってた笑

かんだい
かんだいさん / 2014年7月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アニメ

トイストーリーみたいで面白い
人間とおもちゃ相手に戦争を仕掛けてくる
ストーリーは斬新

むちゃくちゃ感が逆に面白い

コダック
コダックさん / 2014年1月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これぞ、裏「トイ・ストーリー」!

ジョー・ダンテ監督による1998年の作品。
日本では同時期に「アルマゲドン」「ジョー・ブラックをよろしく」「6デイズ/7ナイツ」など大作・話題作が公開されたが、個人的に一番面白かったのはこの作品。

映画をざっくり簡単に説明すると、動く玩具の話。(←ざっくりし過ぎ?(笑))
なので、ファミリー向けと思ったら、大間違い!
軍事用マイクロチップを埋め込まれたアクションフィギュア“コマンドー・エリート”が人間に戦争を仕掛けてくる…!
コメディタッチだけど、毒気たっぷり。ファミリー向けではなく、寧ろ大人向け。
このコマンドー・エリートが、意外に手強く、かつしつこい。人間もたじたじ。
そんな人間たちに協力するのは、モンスターフィギュア“ゴーゴナイト”。玩具メーカーからは悪役として発売されたが、実は心優しきクリーチャーたち。
善と悪の立場の逆も皮肉が効いてて面白い所。
コマンドー・エリートvs人間&ゴーゴナイトの小戦争の行方は…!?

キャストに少女時代のキルスティン・ダンスト。
声の出演に、トミー・リー・ジョーンズ、ブルース・ダーン、ジョージ・ケネディ、アーネスト・ボーグナイン、フランク・ランジェラ、クリスティナ・リッチら錚々たる面々。
スタン・ウィンストンによるSFXは素晴らしく、何故オスカー視覚効果賞ノミネートならなかったのか、今でも疑問。
「パットン大戦車軍団」「地獄の黙示録」のパロディ、「特攻大作戦」など往年の娯楽戦争映画へのオマージュもいっぱいで、映画好きならさらにニヤリ。
(「パットン〜」風のシーンで、ジェリー・ゴールドスミスも「パットン〜」風の音楽を流して遊んでいる)

玩具を題材にした映画と言うと、ほのぼの楽しいのが相場だが、こういう毒気に満ちたのも有り!
小品だけど、見て損はしない娯楽作。

ジョー・ダンテは最近、監督作は途切れ途切れだけど、またこういうユニークな作品を作って欲しいなぁ。

近大
近大さん / 2013年12月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小学生の頃見て

単純で分かりやすく面白かったです。
トイストーリーみたいに人形の世界があって、結構楽しめました。子供と一緒に観ても良い映画ですね。

静秋
静秋さん / 2012年12月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi