スプラッター殺人事件 クレイジー・コップ
ホーム > 作品情報 > 映画「スプラッター殺人事件 クレイジー・コップ」
メニュー

スプラッター殺人事件 クレイジー・コップ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

残虐な連続殺人とそれを追う二人の刑事の活躍をスプラッター描写とパロディを満載して描くコメディ。監督、脚本はディーン・スチェッター。製作はジェームズ・A・バフィッコ、ローレンス・バーベラ、ビヴァリー・ペンバーシー。原案はトム・タリー。撮影はピーター・レニアーズ。音楽はマイケル・メルヴィン。特殊メイクアップに「死霊のえじき」の大御所トム・サヴィーニ。

ストーリー

体のパーツをひとつづつ取り出した残虐な連続殺人が続いていた。死体にはエジプトの象形文字が残されていた。担当刑事のジョー(ジョー・シャーキー)は14年前にベガスで同じ事件が起こったことを思い出した。それがきっかけで、彼は妻に逃げられ神経衰弱になったのだ。相棒の恐妻家で銃嫌いのスウィーニー(ジェイク・デンジェル)と捜査を始めた彼は、昔の同僚の娘で婦警のディーディ(スーザン・フレッチャー)の協力を得て、エジプト人ジャッキー・カイロ(ショーン・エリオット)のレストランにたどり着く。だが、真犯人は12年前の犯人の娘でカイロの姪のグレース(ジェーン・エスター・ハミルトン)だった。彼女を圧縮器で押し潰したジョーは返り血を浴びて、自らの神経衰弱を治すのだった。...

作品データ

原題 Picking up the Pieces
製作年 1990年
製作国 アメリカ
配給 ヒューマックス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi