情報局K
ホーム > 作品情報 > 映画「情報局K」
メニュー

情報局K

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ハートリー・ハワードの原作をヴァル・ゲスト、ウィリアム・ストラットン、モーリス・フォスターが共同で脚色、「007/カジノ・ロワイヤル」のヴァル・ゲストが監督したスパイ・アクションものである。撮影はケン・ホッジス、音楽はベイジル・カーチンが担当している。出演は「宝石を狙え ゴールデンブル作戦」のスティーブン・ボイド、「サイレンサー 殺人部隊」のカミラ・スパーブ、「テレマークの要塞」のマイケル・レッドグレイヴ、レオ・マッカーン、ジェレミー・ケンプなど。製作はベン・アーベイドとモーリス・フォスター。

ストーリー

表むきは玩具業者ということだが、フィリップ・スコット(スティーブン・ボイド)は、英独間に情報網をもつ秘密組織の一員だった。ドイツで開かれた国際玩具大会に出席したフィリップは、そこで商売仲間から、トニ(カミラ・スパーブ)なる美人に紹介され、一目で彼女に心を奪われてしまい、スキーへ行くという彼女と、スキー場での再会を約束した。だが、せっかくの、再会の楽しさも束の間、仕事でロンドンへ帰らねばならぬことになってしまい、再びロンドンで会うことを約して別れた。ロンドンに到着した彼は、マイクロ・フィルムをボスである情報局Kのハリスに渡し、同時にトニの身元調査を依頼した。恋人でも諜報員は油断ができないのである。が、ハリスの調査は、トニはまったく怪しくないとのことだった。トニがロンドンに到着、2人は楽しい夜を過ごした。が、ある夜、トニは、以前からフィリップの連絡網をさぐり出そうとしていた、スミスをボスとする一味に誘拐されてしまった。そこでフィリップは、一方で仲間のポールと連絡をとりながら、わざと敵の罠にかかり、そのポールの機転で、一度は無事にトニを救出したのだが、トニは再び誘拐されてしまった。だが、フィリップが抱えていった時限爆弾のおかげで、スミス一味の本拠はこっぱみじんとなり、フィリップとトニは、やっとのことで外に逃れた。事件は完結したかにみえた。だが、フィリップの心には何か割りきれないものがあった。自分をこれまで追い込んだには、情報局Kの裏に何かあるのではないだろうか?このフィリップの勘は当たった。スミス一味をあやつっていたのは実は情報局Kであった。そしてフィリップは情報局を追い出された。フィリップもまた、英独間の二重スパイ的な役割をしていたのであった。...

作品データ

原題 Assignment K
製作年 1967年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi