ジェニファーの恋愛同盟
ホーム > 作品情報 > 映画「ジェニファーの恋愛同盟」
メニュー

ジェニファーの恋愛同盟

劇場公開日

解説

恋に憧れる2人の15歳の少女の姿を描く青春映画。製作はフレッド・ルース。監督はこれが長編劇映画デビュー作のリンダ・フィファーマン。脚本はジェーン・バーンスタインとフィファーマン、撮影はスティーヴン・ファイアバーグ、音楽はロバート・クラフトが担当。出演はジェニファー・コネリー、バイロン・テームズほか。

ストーリー

アメリカ中西部オハイのとある小さな町。ナタリー(ジェニファー・コネリー)は、将来アメリカ女性大統領になることを夢みている15歳の女の子。母親を白血病で失い、今は父親(マイケル・ザスロー)と2人暮らし。親友のポリー(マディ・コーマン)は、端正な美少女ナタリーとは対照的な個性的な容姿をもつ現代っ子。何事にも積極的な彼女は、街で知り合った大リーガーの人気プレイヤー、ズー・ヌードセン(ビリー・ワース)にひと目惚れして、ニューヨークに行くことまで考えている。ナタリーには、幼なじみのジェフ(バイロン・テームズ)というボーイフレンドがいた。彼の両親は離婚し、今は母親(ポリー・ドレイパー)と暮らしているが、義父とケンカばかりしていて、遂に家を飛び出してしまった。その頃、ナタリーの父親が長期旅行に出ていたため、ジェフは彼女の家にころがり込んだ。ポリーに“同棲生活”とからかわれながら2人の共同生活が始まった。同じ高校に通うプレイボーイのケイシー(アラン・ボイス)というフットボール選手がナタリーに近づいてきたりするが、彼女は“C”以上は許さない。そんなある日、彼女は応募した作文コンクールに合格し“未来のリーダー”に選ばれ、ホワイトハウスのあるワシントンへと研修旅行に旅立った。そこで出会ったガイドの青年に、これまでにない“ときめき”を感じるナタリー。いつしか裁判所の司法官になることを思い立つのだった。同じ頃、ポリーはニューヨークへと飛び出し、ズーに会いたい一心で球場まで押しかけていった。しかし警備員に捕まり、補導されそうになったところを、取材に来ていたカメラマンに助けられる。彼に魅力を感じ迫るポリーだったが、結局、家に戻されるはめに……。研修旅行を終えて帰ったナタリーは、一大トラブルが起こっているのを知って驚く。朝、何も知らないで帰った彼女の父親が、べッドにジェフがいるのを見て誤解してしまったのだ。ジェフの母親までかけつけ大騒ぎになるが、やがて誤解も解け一件落着するのだった。...

作品データ

原題 Seven Munites in Heaven
製作年 1986年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi