ビートルズ イエローサブマリン
ホーム > 作品情報 > 映画「ビートルズ イエローサブマリン」
メニュー

ビートルズ イエローサブマリン

劇場公開日

解説

「ビートルズがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!」「HELP! 四人はアイドル」などの人気グループ・サウンズ、ザ・ビートルズの歌をバックに描くアニメーション・ドラマ。ジョン・レノンとポール・マッカートニーの歌を基に、リー・ミノフがオリジナル・ストーリーを書き、リー・ミノフ、アル・ブロダックス、ジャック・メンデルソーン、エリック・シーガルが、脚本を書き、ジョージ・ダニングが監督した。デザインはヘインツ・イーデルマン、音楽監督はジョージ・マーティン、音楽はザ・ビートルズ。特殊効果をチャールズ・ジェンキンスが担当している。出演はサージャント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド。製作はアル・ブロダックス。イギリスオリジナル版は90分。1999年には5.1chデジタルリマスター版が製作、再公開されている。

ストーリー

昔々、ペパーランドという小さな海底王国があった。ある日、サージャント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブが音楽会を開いていると、ブルー・ミニー率いるアンチ・ミュージック・ミサイルが攻撃してきた。彼らはスプロッチ・ガンをつけておどした。世界から音楽と幸福と愛をなくしてしまおうというのがブルー・ミニーたちの考え。やっとのことで攻撃をのがれた指揮者のオールド・フレッドはリバプールに浮上した。そこで彼はリンゴーに会いペパーランドの危機を訴えた。話を聞いたリンゴーは、さっそく彼を、仲間のジョン、ポール、ジョージに紹介、四人はペパーランドを救うべく、黄色い潜水艦にのりこみ、ペパーランドへ出発した。途中、オデュッセイの航海よろしく、様々な事件にぶつかりながらも、ペパーランドについた。ここで、ザ・ビートルズ対ミニー、ギター対スプロッチ・ガンの闘いがはなばなしく展開。ザ・ビートルズの大活躍で、ペパーランドには、再び幸福と愛と音楽がよみがえった。...

スタッフ

監督
脚本
リー・ミノフ
アル・ブロダックス
ジャック・メンデルソーン
エリック・シーガル
原案
リー・ミノフ
原案曲
ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
製作
アル・ブロダックス
デザイン
ハインズ・エデルマン
音楽監督
ジョージ・マーティン
音楽
ザ・ビートルズ
特殊効果
チャールズ・ジェンキンス

作品データ

原題 The Beatles Yellow Submarine
製作年 1968年
製作国 イギリス
配給 ユナイト
上映時間 86分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全1件)
  • 今観ても新しい! ビートルズの名曲がたくさん出てきてテンションが上がるのはもちろんのこと、絵柄やセリフ、キャラクターがポップでかわいいです。 半世紀近く前の映画だとは思えません! 個人的に、Eleanor Rig... ...続きを読む

    さき さきさん  2016年10月2日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ビートルズ イエローサブマリン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi