殺人マシーン デストロイヤー
ホーム > 作品情報 > 映画「殺人マシーン デストロイヤー」
メニュー

殺人マシーン デストロイヤー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

電気椅子で処刑されたはずの凶悪犯が、映画の撮影スタッフを次々と殺害していくホラー映画。監督はテレビ界出身のロバート・カーク。製作と脚本はピーター・ギャリティとレックス・ホーク。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョゼフ・イグナット。撮影は「卒業白書」などのチューイ・エリゾンド。ヒロインを演じるのはアクション女優のデボラ・フォアマン、凶悪犯モーザには元プロ・フットボール選手のライル・アルザードが扮した。

ストーリー

凶悪犯モーザー(ライル・アルザード)は、二十四人の女性を殺害したかどで電気椅子に座らされたが、絶命するどころか逆に看守を殺し、姿を消した。その後、刑務所は閉鎖され、一年後、映画監督のロバート・エドワーズ(アンソニー・パーキンス)が、撮影のために刑務所跡を訪れることになった。スタント・ウーマンのスーザン・マローン(デボラ・フォアマン)が、所内でモーザーを目撃した矢先、主演女優が殺された。撮影スタッフもどんどん殺害されていき、ロバートもあっけなく魔の手に落ちた。モーザーの実の父である元看守は刑務所を再び閉鎖し、所内にスーザンを閉じ込めた。スーザンは危機一髪、映画の特殊装置を使ってモーザーを罠にかけ、彼を倒す。...

作品データ

原題 Shadow of Death
製作年 1988年
製作国 アメリカ
配給 松竹富士

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi