「狭い原潜内での威嚇合戦」クリムゾン・タイド みつまる。さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「クリムゾン・タイド」 > レビュー > みつまる。さんのレビュー
メニュー

クリムゾン・タイド

劇場公開日 1995年10月10日
全12件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

狭い原潜内での威嚇合戦

叩き上げの艦長を演じるG・ハックマンの出航前の演説シーンから素晴らしい。
相手を射ぬくような鋭い眼光にもシビレちゃう。
怒涛のストーリー展開につい目が離せなくなる。
アクション映画での両者が至近距離で銃を突きつけ合う構図は、この時代のトレンドだったけど、やっぱ緊張感がハンパない。
また艦長と副艦長のどちらの言い分にも正当性があるだけに、傍観者である私たちの気持ちは複雑だ。
女子供無用の煮えたぎる男の世界を見たければ、この骨太のポリティカル・サスペンスがオススメですね。

みつまる。
さん / 2016年4月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi