キリング・ゾーイ
ホーム > 作品情報 > 映画「キリング・ゾーイ」
メニュー

キリング・ゾーイ

劇場公開日

解説

銀行襲撃事件をめぐって繰りひろげられる3人の男女の愛憎とその顛末を、緊張感たっぷりに描いたバイオレンスアクション。アメリカからパリにやって来た金庫破りの男ゼッドは、ホテルに呼んだコールガールのゾーイと一夜を共にする。そこへゼッドの元相棒エリックが押しかけてきてゾーイを追い出し、ゼッドを銀行強盗の仲間たちに引きあわせる。翌日、ゼッドはエリックたちと銀行を襲撃するが、人質となった銀行員の中にはゾーイの姿があった。出演は「パルプ・フィクション」のエリック・ストルツ、「ビフォア・サンセット」のジュリー・デルピー、「ベティ・ブルー」のジャン=ユーグ・アングラード。後に「ルールズ・オブ・アトラクション」を手がけるロジャー・エイバリーの監督・脚本デビュー作で、エイバリーと親交のあったクエンティン・タランティーノが製作総指揮に名を連ねている。日本では1994年の初公開時から20周年を迎えた2014年、劇場公開版に約3分のシーンを追加したデジタルリマスター版(99分)が公開。

作品データ

原題 Killing Zoe
製作年 1993年
製作国 アメリカ・フランス合作
配給 パル コ、ビーズインターナショナル
日本初公開 1994年4月30日
上映時間 96分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全1件)
  • パリを舞台に赤とドラッグと銀行強盗 そこはかとないBL 6人がかりでサブマシンガン掃射した割に弾の当たりが少ない。 スタイリッシュとは程遠いドープ、バイオレンス描写。 ヘロイン+ハシシ+ビール 人質に容赦ない感じがいい ラストから... ...続きを読む

    eliminator250v eliminator250vさん  2014年6月12日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

キリング・ゾーイ ディレクターズカット版 キリング・ゾーイ ディレクターズカット版(字幕版)
キリング・ゾーイ ディレクターズカット版 キリング・ゾーイ ディレクターズカット版(字幕版)
2016年1月9日 2015年3月16日
¥933 ¥300
Hulu Google Play
※2週間は無料
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi