回転扉
ホーム > 作品情報 > 映画「回転扉」
メニュー

回転扉

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

サイレント時代の映画伴奏ピアニストと、その家族の歴史を描くドラマ。監督・脚本はフランシス・マンキーウィッツ、製作は「アメリカ帝国の滅亡」のルネ・マロとフランシーヌ・モラン、共同脚本はジャック・サヴォア、撮影はトーマス・ヴァモス、音楽は「ケニー」のフランソワ・ドンピエールが担当。

ストーリー

ニューヨークへ流れてきたジャズ・ピアニスト、セレスト(モニーク・スパジアーニ)は、幼い頃別れた息子に、思い出の品々を収めたスーツケースを送る。成長して画家となった息子ブローデル(ガブリエル・アルカン)は、スーツケースの中の物を見ながら物思いにふける…。1928年、18才のセレストは、田舎町の映画館の伴奏ピアニストとして人気を得るが、トーキーの出現により失業してしまう。その後大金持ちのひとり息子ピエール(ジャック・ペノー)と結婚し、息子をもうけるが、夫の戦死によって義母にひとり息子を奪われる。傷心のセレストはニューヨークのジャズクラブのピアニストになったのだった: 。時は流れ、現在。ブローデルの息子アントワーヌ(フランソワ・メテ)は、自分の血のルーツを辿るためニューヨークへと旅立つ。その後を追ったブローデルと合流して、2人は祖母のもとへと向かうのだった。...

作品データ

原題 Les portes tournantes
製作年 1988年
製作国 フランス・カナダ合作
配給 アスキー映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi