イフ・オンリー
ホーム > 作品情報 > 映画「イフ・オンリー」
メニュー

イフ・オンリー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ひょんなことから過去に戻って彼女と再びやり直すラヴ・ストーリー。スペインのTVやCMで活動し、監督は本作が長編デビューとなるマリア・リポル。脚本はラファ・ルソで、98年モントリオール国際映画祭最優秀脚本賞を受賞。製作はホアン・ゴードン。撮影はハヴィエ・サルモネス。音楽はルイス・メンド、ベルナルド・フスター。美術はグラント・アームストロング。編集はナチョ・ルイス=キャピリア。衣裳はジョン・クラウザ。録音はマーク・トレヴィス。出演は「ダロウェイ夫人」「フェイス」のリテ・ヒーディ、「ハモンハモン」「オープン・ユア・アイズ」のペネロペ・クルス、舞台で活躍するダグラス・ヘンシャルほか。

ストーリー

ヴィクター(ダグラス・ヘンシャル)は売れない役者。彼は8ヶ月前、浮気を告白したことで恋人のシルヴィア(リナ・ヒーディ)と別れるはめになった。よりを戻したいが、彼女は明日デイヴ(マーク・ストロング)という男と結婚してしまう。バーで酔いつぶれ、ごみ収集箱にひっくり返るヴィクターの前に二人のごみ収集人が現れる。彼らが何やら言葉を唱えると、ヴィクターは8ヶ月前に戻ってしまう。今度はうまくいくように、と浮気の事実は告白せずに親身にシルヴィァに尽くすヴィクター。しかしある日、シルヴィアの友人がヴィクターとシルヴィアにデイヴを紹介する。その後、シルヴィアはデイヴと密かに会うようになり、結局彼女が浮気の事実をヴィクターに告げ、彼の元を去る。再びバーを訪れるヴィクター。彼はそこで働く新人バーテンのルイーズ(ペネロペ・クルス)と親しくなる。ルイーズと出会ってから、ヴィクターはテレビドラマのレギュラーを務めるまでになり、賞にもノミネートされた。一方、シルヴィアは仕事が多忙なデイヴに不満を抱え始めていた。シルヴィアは賞の会場に向かい、ヴィクターと会う。だがよりを戻すことはできなかった。失意の中、公園のベンチにたたずむシルヴィアの前に二人のごみ収集人が現れ、彼女の両隣に腰掛けるのだった。...

作品データ

原題 Twice Upon a Yesterday
製作年 1998年
製作国 イギリス・スペイン合作
配給 アルシネテラン
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「イフ・オンリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi