アクエリアス(1986)
ホーム > 作品情報 > 映画「アクエリアス(1986)」
メニュー

アクエリアス(1986)

劇場公開日

解説

ミュージカルのリハーサル中に劇場に侵入した殺人鬼によって惨殺される劇団員たちを描くホラー映画。監督はミケーレ・ソアヴィ、脚本はリュー・クーパー、撮影はレナート・タフリ、音楽はサイモン・ボスウェルが担当。出演はデイヴィッド・ブランドン、バーバラ・クピスティ、ロベルト・グリゴロワなど。

ストーリー

フクロウ姿の殺人鬼を主人公にしたホラー・ミュージカルのリハーサルが、ピーター(デイヴィッド・ブランドン)演出のもとに行なわれている。練習中にひざを負傷したアリシア(バーバラ・クピスティ)は、仲間のベティ(ユーリック・シュワーク)とともに、近くの精神病院に出かけた。畑違いながら他に病院がなかったのだが、治療を終えて劇場に戻った。しかし、その車のトランクの中には病院の看護人を殺し脱走した凶暴な殺人犯が潜んでいた。アリシアが先に劇場に入った後、ベティが最初の犠牲者となった。オープニングを3日後にひかえての猛練習が続けられている。丁度、フクロウ姿の殺人鬼が殺人を犯す場面だ。と、ナイフが相手役の女優の胸を刺し貫いた。血が吹き出す。本物のナイフだ。他の劇団員がパニックとなって逃げだす。だが電話は切断され、劇場の扉も開かない。奈落に引きずり落とされた女優は下半身を切断された。演出家のピーターも、チェーンソーで腕を落とされ斧で首をはねられる--。殺人鬼はその死体たちをグランギニョールのように舞台に並べる。その数は7体。生き残っているのはアリシア一人だ。彼女は事務所から拳銃とスペア・キーを発見した。だが、舞台上方の照明装置へと追いつめられた。照明コードをよじ登ってくる殺人鬼。アリシアは必死に斧でコードを切る。落下する殺人鬼。しかしまだくたばらない。アリシアの足首にしがみつく。ついに殺人鬼の体にローソクの火がついて、火ダルマとなってしまう。恐怖の一夜が明けた。警察が死体を全てかたずけた。劇場に大切な時計を落としたことに気づいたアリシアは警備員とともに惨劇の場に戻った。ふと、彼女は気づいた。警察が死体を運び出した数は7体だ。ということは……。突然、隠れていた殺人鬼が踊りかかってきた。恐怖のあまり身動きもできぬアリシア。だが、その瞬間、警備員の銃が火を吹き、殺人鬼を仕止めるのだった。...

作品データ

原題 Aquarius
製作年 1986年
製作国 イタリア
配給 クラウン・レコード=デラ・コーポレーション

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「アクエリアス(1986)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi