愛の悪魔 フランシス・ベイコンの歪んだ肖像
ホーム > 作品情報 > 映画「愛の悪魔 フランシス・ベイコンの歪んだ肖像」
メニュー

愛の悪魔 フランシス・ベイコンの歪んだ肖像

劇場公開日

解説

今世紀を代表する画家の一人、フランシス・ベイコンの生涯を、男性の恋人ジョージ・ダイアーとの関係を中心に描く一編。監督・脚本は「リメンバランス」のジョン・メイブリィ。製作はキアラ・メナージュ。製作総指揮はフランシス・アン・ソロモン、ベン・ギブソン、パトリス・ハダド、浅井隆。撮影は「リメンバランス」「ヴィゴ」のジョン・マティエソン。音楽は「スネーク・アイズ」の坂本龍一。美術はアラン・マクドナルド。編集はダニエル・ゴダード。衣裳はアニー・シモンズ。出演は「ハムレット」のデレク・ジャコビ、新鋭ダニエル・クレイグ、「イヴの秘かな憂鬱」のティルダ・スウィントン、「ハワーズ・エンド」のアン・ラムトン、「世にも憂欝なハムレットたち」のエイドリアン・スカーボロー、「ヴイトゲンシュタイン」のカール・ジョンソンほか。98年エジンバラ国際映画祭でマイケル・パウエル賞(最優秀作品賞)、最優秀演技賞を受賞。

ストーリー

1971年、パリのグラン・パレでは、大きな喝采を浴びるイギリスの画家、フランシス・ベイコン(デレク・ジャコビ)の大回顧展が準備されていた。またその頃、ベイコンの作品のモデルであり恋人でもある、ジョージ・ダイアー(ダニエル・クレイグ)は、ホテルの部屋で大量のドラッグとアルコールを服用していた。この二人が初めて出会ったのは、それから7年前のことである。ベイコンの家に盗みに入ろうとしたダイアーが、うっかり天井からアトリエに転び落ちてしまった。そのダイアーを一目見たベイコンは、有無を言わさず彼をベッドに誘った。この日から二人は恋人同士として過ごすことになったのだ。ベイコンを取り巻く友人たちは、女主人ミュリエル(ティルダ・スウィントン)が経営する酒場、“コロニー・ルーム”にたむろしては、派手な批評や毒の効いたジョークなどをベイコンにぶつけて楽しんでいた。その常連には、『ヴォーグ』の写真家ジョン・ディーキン(カール・ジョンソン)、美術評論家のダニエル・ファーソン(エイドリアン・スカーボロー)、ディーキンの写真のモデルであるヘンリエッタ(アナベル・ブルックス)、ベイコンの長年の友人イザベル(アン・ラムトン)などがいた。ダイアーはそんなベイコンの世界に何とかなじもうと努力するが、無知な彼は常に皆の嘲笑や皮肉を浴び、次第に精神が追い詰められていく。彼はその苦痛から逃れるために、ドラッグとアルコールに溺れるようになった。ベイコンとの問には徐々に溝が深まっていく。そしてダイアーは、ベイコンの回顧展開幕の前夜、一人ホテルで息絶えるのであった。...

作品データ

原題 Love Is the Devil Study for a Portrait of Francis Bacon
製作年 1998年
製作国 イギリス・日本合作
配給 アップリンク
上映時間 90分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第51回 カンヌ国際映画祭(1998年)

出品
ある視点部門
出品作品 ジョン・メイバリー

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

愛の悪魔 フランシス・ベイコンの歪んだ肖像
愛の悪魔 フランシス・ベイコンの歪んだ肖像
2016年9月16日
¥500
ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「愛の悪魔 フランシス・ベイコンの歪んだ肖像」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi