悲しき小鳩
ホーム > 作品情報 > 映画「悲しき小鳩」
メニュー

悲しき小鳩

劇場公開日

解説

製作は「母の山脈」の山口松三郎が担当、「母の願い」の伏見晁の脚本で、「お景ちゃんと鞍馬先生」の瑞穂春海が監督に当っている。撮影は同じく布戸章。出演者の主なものは、「月形半平太(1952)」の美空ひばり、「父帰る」の徳大寺伸、「郷愁」の三宅邦子、岸恵子、「華やかな夜景」の佐田啓二のほか、清水一郎、堺駿二、磯野秋雄、阿南純子などで、川田晴久が特別出演している。

ストーリー

小野まり子は信州の小都市のミッション・スクールに預けられて勉強していた。学校の聖歌隊の一員だが、かくれて唄う流行歌に天才的なひらめきを見せていた。農林技師とばかり思っていた父隆太郎がサーカスの道化師だったことがわかると、まり子は学校をやめて父と共にサーカスの巡業に加わった。そのうちにまり子の唄が人々の注意をひき、彼女は象使いの河多の伴奏で観客の拍手を浴びるようになった。まり子は父との生活に満ち足りていたが、唯一つ母が一緒でないことが淋しかった。母信子はサーカス暮しに愛想をつかし、隆太郎と別れ、パトロンを見つけて熱海で旅館を経営していた。まり子の学資はその信子から出ていたが、まり子がサーカスの父の許にいるときくと、まり子の将来のために、自分の許へひきとりたいといい出した。が、隆太郎はそれをきっぱりはねつけた。ある日若い猛獣使いの健吉が恋人の春江のことで仲間と争い、怪我をさせられたので隆太郎が昔に帰って出演し、致命的な負傷した。父の容態があぶないと知って、まり子は初めて母の居所を知らされ熱海まで迎えに行くが、母に他の男があると知って失望して帰って来た。然し息を引きとる父の手をにぎってまり子は、母が心配してすぐに後から来ることになっていると、慰めるのだった。...

スタッフ

監督
脚本
伏見晁
企画
福島通人
製作
山口松三郎
撮影
布戸章
美術
中村公彦
音楽
万城目正
田代與志

キャスト

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 91分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
5.0 5.0 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

悲しき小鳩[DVD] 宙(そらから)[DVD] 踊る龍宮城[DVD] ロマンス娘[DVD]
悲しき小鳩[DVD] 宙(そらから)[DVD] 踊る龍宮城[DVD] ロマンス娘[DVD]
発売日:2007年5月25日 最安価格: ¥3,201 発売日:2015年5月29日 最安価格: ¥20,520 発売日:2007年5月25日 最安価格: ¥3,201 発売日:2005年3月25日 最安価格: ¥4,044
Powered by 価格.com

他のユーザーは「悲しき小鳩」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi