笑の大学のレビュー・感想・評価

メニュー

笑の大学

劇場公開日 2004年10月30日
5件を表示 映画レビューを書く

脚本に驚き

いい映画だ、と思った。

DOA
DOAさん / 2015年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

元の作品が悪いと思われるのはイヤ

映画版も舞台と同じキャストでやって欲しかった。せめて定評のある舞台役者を使うべき。舞台版を見れば そう思わずにはいられなくなるはずです。

akazuki
akazukiさん / 2015年7月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

喜劇なんだけど...

私の笑いのツボにはまらなかった。稲垣吾郎と役所広司ふたりで話が展開していくから二人の演技が非常に重要になってくるのだが、個人的な意見だがどちらもあまり良くなかった。役所広司の方はもっときちっと仕事をこなす検閲官を上手くやってほしかった。稲垣吾郎にペースを乱されてゆく感じでもなく、何だかよく分からない性格という印象。稲垣吾郎はもっと軽い、お調子者の感じが出ていても良かったのでは。
ラストのシーンはわざとらしかったし、長かった。

ゆゆ
ゆゆさん / 2014年8月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2人のかけ合いが最高の喜劇 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「笑の大学」は役所広司(向坂)と稲垣吾郎(椿)の2人によってストーリーが展開されます。
検閲官の向坂が劇団の座付作家である椿の書く台本に1つ1つ難癖を付け、それに対して一晩かけて修正して持って来るという日々。
その段階でより面白いものになっていく台本、2人のかけあいには終始くすっとさせられました。
しかし椿が本音を言ってしまい、向坂を怒らせてしまうシーンがあります。
そこで向坂が出した難題が、一切笑いの箇所が無い喜劇の台本を書け、というもの。
どのように切り抜けてくるのか、どんなトンチで来るのか楽しみにしていたのですが、結局はただひたすらに面白すぎる台本になって返ってきました。
ここはなんとなく期待はずれ。
しかしこれを書いたのが椿に赤紙がきた夜とのこと。
ここでこの昭和15年という戦時下での情勢が盛り込まれます。
あれだけ怒っていた向坂が85回も笑った台本を読み、「死んでいいのはお肉のためだけだ!」と叫んで椿を送り出す姿には、悲しい未来を予感させながらも後味の悪さを残さない感じがしました。
しかしあれだけの面白さを連発していた前半に比べて終盤はどうにも間延びしてしまったような気もします。
決してつまらない訳ではないですが、突然の(もちろん町の様子や設定から予感させてはいましたが)真面目な展開についていけなかったです。

糸
さん / 2013年3月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さわやかな反戦喜劇 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

戦時下における喜劇作家と検閲官のやりとりをコミカルに描いている。
素直な青年を素直に演じる稲垣吾郎とそれに緩急をつける役所広司の
巧みさが絶妙なバランスをかもし出している。戦争と笑いという対照的な
ものから、人のつながりや命の重みを教えてくれる秀作。三谷作品の
中では一番のお気に入りです。

さきやん
さきやんさん / 2009年9月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi