連句アニメーション 冬の日 松尾芭蕉七部集よりのレビュー・感想・評価

連句アニメーション 冬の日 松尾芭蕉七部集より

劇場公開日 2003年12月13日
1件を表示 映画レビューを書く

作家による

連句をテーマに、一句ごとに各作家が自身の得意な表現法でアニメーションを作っている。

個人的には、最初のユーリ・ノルシュテインさんとアレクサンドル・ペトロフさんのパートが深みがあって好きだが、その他ではあまり楽しめず、少し退屈だった・・・。
好みの問題かもしれないが。

とりあえず、ノルシュテインさん、ペトロフさんのパートに関しては、★5だ。

JI
JIさん / 2017年11月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi