ラスト・キャバレー
ホーム > 作品情報 > 映画「ラスト・キャバレー」
メニュー

ラスト・キャバレー

劇場公開日

解説

都市開発のため経営不振に陥ったキャバレーを舞台に、経営の父親の苦悩と娘の自立を描く。脚本はじんのひろあきが執筆。監督は「1999年の夏休み」の金子修介、撮影は同作の高間賢治がそれぞれ担当。

ストーリー

“ローズ”は個人経営のキャバレーで、経営者の柊信太郎は高校生になる娘の逢維子と二人暮らしだった。しかし、最近は景気が悪く、また都市再開発の波に押されて近々店は明け渡すことになっていた。だが、今日の“ローズ”は超満員。信太郎は年に一回、ある大学テニス部の新歓コンパに店を開放していたのだ。幹事は上級生の土橋龍矢で、店内では最近入ったホステスの未也子が男子学生にフィンガー・サービスを行っていた。翌日、逢維子は今度引っ越す予定のマンションを訪ねた。いよいよ父と別れ、一人暮らしが始まるのだ。淋しくもあるが、父は一人になりたいようだった。しかし、近頃“ローズ”は活気を取り戻しつつあった。未也子の過激なサービスと女子大生のアルバイトが増えたためである。逢維子がマンションに引っ越した日、龍矢が訪ねてきた。二人は最近つき合い始めたのだ。信太郎は“ローズ”の最終日に“さよならパーティ”を企画していた。そして、かつて“ローズ”で働いてくれたホステスも招待するつもりだった。中でも特別長く働いてくれたホステスには挨拶を兼て、直接訪ねることにしていた。逢維子と篭矢も手伝うことにし、最初に世田谷の高級住宅街に住む椎名真理子を訪ねた。彼女は父・信太郎が大変モテていたことを教えてくれた。逢維子は父親が今つき合っている相手を知りたかったのだが、それについてはよくわからなかった。次に訪ねた令子も同じような態度だった。最後のホステスを訪ねようとしたところ父が待っていた。その晩は親子二人で久しぶりに話し込んだ。“さよならパーティ”は元ホステスの他、大学生に一般招待客まで混じって盛況だった。しかし、パーティが佳境に入ったころ信太郎は娘に別れを告げ、こっそりと店を出た。また、未也子は田舎の保母の見習いになるために帰っていった。逢維子が店長室で一人履歴書や葉書きを燃やしていたら、天井のスプリンクラーが作動し、店内には雨が降り注いだようになった。そこへ龍矢が入ってきて、二人はごく自然に抱き合った。逢維子と龍矢がフロアに戻ると、誰もいない店内には、まだ雨が降り続いていた。...

スタッフ

監督
脚本
じんのひろあき
企画
作田貴志
松井進
プロデューサー
海野義幸
撮影
高間賢治
塩谷真
美術
丸尾知行
録音
小野寺修
照明
渡辺幸一
編集
冨田功
選曲
石井ますみ
助監督
栃原広昭
スチール
野上哲夫

キャスト

作品データ

製作年 1988年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 78分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー:ラスト・キャバレー

平均評価
5.0 5.0 50 (全1件)
  • ラスト・キャバレーのすべての映画レビュー
  • ラスト・キャバレーの映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画