花物語
ホーム > 作品情報 > 映画「花物語」
メニュー

花物語

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

太平洋戦争末期、花作りの盛んな千葉県南房総を舞台に花を守り愛した実在の女性の姿を描く。田宮虎彦原作の小説「花」の映画化で、脚本は「ムッちゃんの詩」の小森名津が執筆、監督は同作の堀川弘通、撮影は「快盗ルビイ」の丸池納がそれぞれ担当。

ストーリー

太平洋戦争末期、食料難は深刻だった。あちこちで花畑も野菜や穀物に転作されていた。そんなご時世にもかかわらず、花の栽培に夢を託すハマに村人たちは“非国民”と陰口を叩いていたが、ハマは小さな善兵衛畑の花だけは残そうとしていた。次男・作次は母親を亡くし実家に身を寄せている近所のゆり江と仲がいい。長男・勇一は杉子と恋仲である。そんな時、食糧管理法が施行され、すべての田畑に食物を植えることが義務づけられた。花を栽培することは、明らかに法を犯すことになる。勇一は、作次が止めるのも聞かず、善兵衛畑の花を引き抜くのだった。落ち込むハマだったが、雑木林の片隅の吹きさらしの谷に小さな荒地を見つけた彼女は、そっと水仙を植えつけるのだった。戦争はどんどんひどくなり、夫の五十次には再び召集が、勇一は予科練を志願した。そんな悲しみを紛らすかのようにハマは谷の花をひたむきに守り続けるのだった。しかし、この花も何者かに引き抜かれてしまい、戦争は花を咲かせる自由すら奪った。そんな時、ハマに五十次の戦死が告げられた。そして終戦の日が来た。戦争から戻った父親と再会したゆり江を目の前にしたハマは、勇一が戦争から戻って来るのを願いながら、花の栽培に励むのだった。...

スタッフ

監督
脚本
小森名津
原作
田宮虎彦
企画
原田昇
製作
山本洋
島田開
プロデューサー
小野克己
相澤徹
撮影
丸池納
美術
大橋豊一
音楽
小六禮次郎
録音
井家眞紀夫
照明
山川英明
編集
鍋島惇
助監督
中島俊彦
スチール
山本耕二

キャスト

作品データ

製作年 1989年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 96分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi