中山七里
ホーム > 作品情報 > 映画「中山七里」
メニュー

中山七里

劇場公開日

解説

長谷川伸の同名小説を「沓掛時次郎(1961)」のコンビ宇野生男と松村正温が共同で脚色、これもコンビの池広一夫が監督した股旅もの。撮影は「婦系図」の武田千吉郎。出演は「女と三悪人」の市川雷蔵、中村玉緒など。

ストーリー

江戸は深川の名物男、木場の政吉は材木商の元締、総州屋の安五郎の若い衆で、材木の目利きにかけては並ぶ者がないほどの腕だ。勝負ごとの好きな彼は今日もある料亭でサイコロの最中、岡っ引に踏み込まれ、困ったところを女中のおしまに救われた。それ以来、すっかりおしまが好きになった政吉は、やくざな生活から足を洗うことを条件に彼女と結婚の約束をした。だが、おしまに気のある安五郎が力ずくで彼女を女にしたため、政吉は彼を刺し殺してしまった。一方、おしまも安五郎とのことを苦にして自害した。それから一年、旅鴉となった政吉は道中、病に苦しむおなかという女を助けた。彼女がおしまと瓜二つなのを見た政吉は、胸が高鳴るのだったが、彼女には徳之助という恋人がいるのを知ってあきらめるのだった。その頃、徳之助があるやくざに金を借りたため、借金のかたにおなかは無理やり彼らに連れ去られた。事の次第を聞いた政吉は彼らの本拠へ乗りこみ、無事おなかを救い出した。徳之助、おなかを伴った政吉は、知人の吉五郎を頼って飛騨高山へ向った。途中、二人の仲を疑った徳之助は殺気をおびてきたが、どうすることも出来ずに従うのだった。ようやく一行が吉五郎のもとにたどりついたころ、政吉を追う岡っ引の藤八が例の一味とやって来た。月明りの中山七里谷には、たちまち血しぶきがとび散った。そして数刻、おなかと徳之助に幸せにと言い捨てたまま、政吉は足早に立ち去るのだった。...

スタッフ

監督
脚色
宇野生男
松村正温
原作
長谷川伸
企画
財前定生
撮影
海原幸夫
美術
太田誠一
音楽
塚原晢夫
録音
海原幸夫
照明
中岡源権
編集
宮田味津三
スチル
藤岡輝夫

キャスト

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 87分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

中山七里
中山七里
2014年9月11日
¥324
GYAO!ストア
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi