つる 鶴
ホーム > 作品情報 > 映画「つる 鶴」
メニュー

つる 鶴

劇場公開日

解説

吉永小百合の映画出演100本記念作品。鶴の化身の女と百姓の男との愛を描く。民話「鶴の恩返し」「鶴女房」の映画化で、脚本は「ビルマの竪琴(1956)」の和田夏十と「竹取物語(1987)」の市川崑、日高真也が共同で執筆。監督は「竹取物語(1987)」の市川崑、撮影は「トットチャンネル」の五十畑幸勇がそれぞれ担当。

ストーリー

ある雪の夜、貧しい百姓・大寿の家に美しい女が訪ねて来た。名前はつるといい、大寿の嫁になるのだという。大寿には中風で寝たきりの母・由良がいたが、つるは実に働き者だった。つるはある日、由良が使っていた機織り道具を見つけて機を織ってみたいと言った。ただし、織っている時、決して覗かないでくれという。つるは食事も取らずに機を織り、翌朝、素晴らしい布を見せてくれた。大寿はさっそくその布を鼻把の長者に売りに行ったが、つるのやつれた姿には気がつかなかった。悪知恵の働く馬右衛門は自分もひと儲けしようと、もう一度つるに機を織るよう大寿に勧めた。由良はつるの素性が気になっていたが、彼女は山育ちの孤児と答えるだけで多くを語ろうとしなかった。つるの織った機のおかげで、大寿の家は次第に潤ってきた。ある日大寿は長者に呼ばれて、もう一枚布を織れと命令される。つるは「あの布は一生に一度しか織れない」と言ったが、大寿のために身を削る思いで織ることにした。そして今度も絶対に織っている姿を見ないことを約束させた。しかし、夜が明けても納戸から出てこないので、大寿はとうとう中を覗いてしまう。そこで大寿が見たものは、機を織る一羽の鶴の姿だった。つるは以前、大寿に命を助けられた鶴の化身だった。つるは束の間の幸せに感謝すると、鶴の姿になって大空へ去っていった。...

スタッフ

監督
脚本
和田夏十
市川崑
日高真也
企画
丸山正一
企画協力
松谷みよ子
吉沢和夫
製作
高井英幸
撮影
五十畑幸勇
美術
志村恒男
音楽
谷川賢作
録音
大橋鉄矢
照明
下村一夫
編集
長田千鶴子
助監督
吉田一夫
スチール
橋山直己
ナレーター
石坂浩二

キャスト

作品データ

原題 Tsuru
製作年 1988年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第12回 日本アカデミー賞(1989年)

受賞
主演女優賞 吉永小百合
ノミネート
助演男優賞 川谷拓三
助演女優賞 樹木希林

関連ニュース

関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

つる 鶴 つる・鶴 つる 鶴 つる -鶴-
つる 鶴 つる・鶴 つる 鶴 つる -鶴-
2015年10月7日 2015年10月28日 2016年5月1日 2016年1月23日
¥500 ¥432 ¥432 ¥300
ビデオマーケット GYAO!ストア スカパー!オンデマンド ShowTime
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「つる 鶴」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi