罪と罰 ドタマかちわったろかの巻
ホーム > 作品情報 > 映画「罪と罰 ドタマかちわったろかの巻」
メニュー

罪と罰 ドタマかちわったろかの巻

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

東京にやってきた大阪の万年ヒラ刑事が、デートクラブ嬢殺人事件をきっかけにトラブルに巻き込まれる様子を描くドラマ。田中良明の原作(双葉社・刊)を原作に、劇場未公開となった「東方見聞録」以来の井筒和幸が監督。脚本は稲葉一広、撮影は高橋俊光が担当。主人公の狭間刑事役に、TV等で人気のコメディアン、間寛平が扮する。

ストーリー

大阪吹田署に勤務する万年ヒラ刑事の狭間寛は、府警本部長・進藤の頼みで家出してデートクラブ嬢をしているという進藤の娘・美沙子を探すため東京へやって来た。進藤に紹介され東京の刑事・岡下に会った後、狭間はあっせん屋の布施の協力をとりつけ彼女を探すが、ひそかに狭間を尾行していた刑事の真田がホテルで射殺され、布施の恋人・春美もプロの殺し屋・辰巳に殺される。おまけにその犯人として狭間は指名手配されてしまい、布施やようやく探し当てた美沙子ともども3人は、警察と殺し屋の両方から逃げ出す羽目に。実は岡下と地下組織の女ボス・黒崎友香が通じており、その上進藤こそ組織の真のオーナーだった。進藤と友香が通じていることを証明する写真を美沙子が持っていたことから、狭間はダシに使われ命を狙われるようになった。逃走のさなか、布施が岡下に殺される。また娘を生かそうとする進藤も辰巳に殺されるが、狭間と美沙子はその辰巳との最後の戦いを何とか切り抜けた。残った友香と岡下との間でも裏切りあいが起こり、狭間と美沙子は無事逃げ切るのだった。...

スタッフ

監督
脚本
稲葉一広
原作
田中良明
企画
石川始
杉田薫
製作
大西加紋
末吉博彦
プロデューサー
草野啓二
撮影
高橋俊光
美術
鈴村高正
音楽
羽仁智治
音楽プロデューサー
上田正樹
樋口沙絵子
録音
酒井雅章
照明
保坂直宏
編集
神谷信武
助監督
片嶋一貴
スチール
加藤光男

キャスト

作品データ

製作年 1994年
製作国 日本
配給 ヒーロー

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi