セカンドチャンス(1999)
ホーム > 作品情報 > 映画「セカンドチャンス(1999)」
メニュー

セカンドチャンス(1999)

劇場公開日

解説

職業の異なった20代、30代、40代の女性それぞれに訪れた人生における二度目のチャンスを、オムニバス形式で描いたドラマ。監督は、エピソードIとIIIを「人間椅子」の水谷俊之が、エピソードIIを「のぞき屋」の富岡忠文が担当。脚本は、エピソードIに「コキーユ 貝殻」の山田耕大、エピソードIIに『春のスペシャル 愛が叫んでいる』の櫻井武晴、エピソードIIIにこれが『パクリだ!』の大石哲也と二岡文哉。撮影に「プープーの物語」の村石直人があたっている。主演は、エピソードIに「あつもの」の清水美砂、エピソードIIに「東京日和」の鈴木砂羽と橋爪功、エピソードIIIに「ユキエ」の倍賞美津子と「生きたい」の柄本明。

ストーリー

【エピソードI】何事にもマイペースで将来の展望も何もない青島に見切りをつけ、別れた筈の華。しかし、心の中では今でも彼のことを引きずっていた。そんな彼女が勤務するレンタル・ブティック店に、ある日、美登利という若い女性がウエディングドレス選びにやってきた。ところが、なんと彼女は青島の婚約者だったのである。複雑に揺れる感情を抑え、職務を全うする華。だがその夜、親友の恵利子を誘って飲みに出かけた彼女の前に青島が現れ、愛の告白をした。実は、今日の出来事は青島と華を結婚させようとみんなで仕組んだことだったのだ。突然のことに戸惑いを隠せない華は、しかし素直に青島のプロポーズを受ける。【エピソードII】運転代行ドライバーの夕理の今夜の客は、彼女がバーのピアニストだった頃の不倫相手・西生だった。ふたりは、夕理の妊娠が原因で5年前に別れていた。夜の道を走りながら、当時の西生の気持ちを確かめようと、借金取りから一緒に逃げてと嘘をつく夕理に、今は妻子がいるのから無理だと答える西生。だが、5年前の彼は確かに夕理と一緒になる覚悟をしていたのだ。真実を知った夕理は、別れ際、西生に1本のカセットを渡される。そこには夕理が演奏した想い出の曲『SOMEONE TO WATCH OVER ME』が入っていた。【エピソードIII】売れない漫才師・天晴三郎こと中島慎太郎は、ある日、結婚披露宴の司会の代役を頼まれ会場へ赴いた。ところが、その日の花嫁はなんと18年前に別れた娘の香奈だったのである。まだ幼かった香奈は慎太郎が父親だとは気づかないが、驚いたのは元妻の雪乃。しかし、今となってはどうしようもない。慎太郎は自分が父親だということを隠し、披露宴の司会を努める。そしてフィナーレ。母への手紙を読み上げるうち感極まった香奈は代読を慎太郎に頼むが、そこには芸人になる夢を追いかけて家を出ていった父への想いが綴られていた。こうして、思いがけず娘の披露宴に出席できた慎太郎。しかし、彼は父娘の名乗りをあげないまま芸人の世界に帰っていく。...

スタッフ

監督
脚本
山田耕大
大石哲也
櫻井武晴
二岡文哉
製作
大原逸男
プロデューサー
李鳳宇
齋藤勇司
撮影
村石直人
美術
丸尾知行
音楽
澄淳子
録音
野中英敏
効果
斎藤昌利
照明
高柳清一
編集
菊池純一
鵜飼邦彦
衣裳
浜井貴子
選曲
佐藤啓
製作担当
清水啓太郎
助監督
蝶野博
スクリプター
西岡容子
スチール
中原一彦

キャスト

作品データ

原題 Second Chance
製作年 1999年
製作国 日本
配給 東映=シネカノン
上映時間 116分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • もう一度観たい 以前に夜中にやっていたのをたまたま、観ました。 もう一度、観たくて色々とレンタルビデオ店を探したりしてますが見つかりません。 三話構成になっており、それぞれがテンポよく進みます。すごく日本映画ら... ...続きを読む

    アルベルト アルベルトさん  2013年11月8日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「セカンドチャンス(1999)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi