青春の構図
ホーム > 作品情報 > 映画「青春の構図」
メニュー

青春の構図

劇場公開日

解説

三人の女子大生が、スポーツに、恋に、ライバル意識を燃やしながら少女から大人へと成長していく様を描いた青春映画。原作は曽野綾子の同名小説。脚本は「はだしの青春」の石森史郎、監督は脚本も執筆している「スプーン一杯の幸せ」の広瀬襄、撮影は「夜霧の訪問者」の小杉正雄がそれぞれ担当。

ストーリー

明昭大学二年の谷口美穂と浅井洋子は、かつて高校時代のバスケット部でチームメイトであった吉川ケイが、現在も女子体育大のバスケットの女王として大活躍なのに刺激され、キャプテンの美穂をモデルにしてポスターを作って部員の大募集を行った。集ったのはチャーミングな美穂に惹かれた“心情私設応援部員”の男子学生が圧倒的に多かったが、何とか定員に達し、坂口監督を中心に特訓が始まり、マネージャーの洋子も急に忙しくなった。しかし、美穂には、急死した父の後を継いだガソリンスタンドの社長としての仕事があった。本来なら兄の守夫が継ぐはずなのだが、獣医を目指している守夫は動物以外には関心を示さない。洋子はそんな守夫の純粋さに好意を寄せていた。一方、美穂は同学年で、毎日純白のスポーツカーで通学し、学問もスポーツも万能な堀亘に淡い恋心を抱いていたが、彼の行動は謎に包まれていた。そんなある日、美穂の店の真前に新しいガソリンスタンドが建設されることになり、美穂たちは深刻になった。明昭大バスケット部は、新潟へスキーに出かけた。そして、そこで美穂は堀に会った。だが、堀はなぜか冷たい態度をとるのだった。美穂が白銀のスロープにシュプールを描いて滑降していた時、雑木林の中にケイが倒れているのを発見した。ケイの命はとりとめた。彼女の父・吉川も、堀も駈けつけた。実業家の吉川は、堀を見込んでケイと結婚させようとしており、彼女も堀を愛しているのだが、ままならず、堀の愛を確かめるべく狂言自殺を仕組んだのだった。やがて、ガソリンスタンドの建設が始まり、美穂たちは抗議に行くが、経営者は吉川で、支配人が堀であると知って一同驚く。しかし、美穂は、吉川、堀たちの挑戦を受けて立つ、と啖呵を切った。そんな美穂の生き方に「金がすべてを支配する」という自分の人生哲学を恥じた堀は、吉川の説得を振り切り、南米に行く決心をした。そして、自分の過去を美穂に打ち明けた。父は競馬の予想屋であること、母はボロアパートで一人暮ししていること、卑怯なやり方で吉川に近づき、ケイと愛のない結婚をしようとしたことなどを……。大学対抗バスケット選手権大会。明昭大対女子体育大の試合が行なわれていた。その上空を、堀を乗せたジェット機が南へ向って飛んで行った。...

スタッフ

監督
脚本
石森史郎
広瀬襄
原作
曽野綾子
製作
樋口清
撮影
小杉正雄
美術
梅田千代夫
音楽
竜崎孝路
録音
小林英男
照明
佐久間丈彦
編集
杉原よ志
助監督
福田幸平
スチール
長谷川宗平

キャスト

作品データ

製作年 1976年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.7 4.7 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「青春の構図」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi