自由学校(1951 吉村公三郎)
ホーム > 作品情報 > 映画「自由学校(1951 吉村公三郎)」
メニュー

自由学校(1951 吉村公三郎)

劇場公開日

解説

松竹と競うことになったこの映画の大映側のスタッフは、製作は「紅蝙蝠(1950)」の服部靜夫で、脚色、監督、撮影は、「偽れる盛装」と同じく新藤兼人、吉村公三郎、中井朝一のトリオである。配役は南村五百助に、文芸春秋出版部長小野詮造こと小野文春、駒子には、「熱砂の白蘭」の木暮実千代、ユリには「恋の阿蘭陀坂」をあげた京マチ子、隆文には大泉滉、羽根田博士の徳川夢声、銀子の英百合子、辺見の山村聡、その他藤原釜足、藤田進、斎藤達雄、殿山泰司、荒川さつきなどである。

ストーリー

社会と家庭からの解放を求めてルンペンの群落に入った五百助というサラリーマンあがりの四十男が、初めて接した別な社会や人間にふれ、そこに真実の生き方を見出してゆく。...

スタッフ

監督
脚本
新藤兼人
原作
獅子文六
製作
服部靜夫
撮影
中井朝一
美術
今井高一
音楽
仁木他喜雄
宮田重雄

キャスト

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 109分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「自由学校(1951 吉村公三郎)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi