殺人狂時代
ホーム > 作品情報 > 映画「殺人狂時代」
メニュー

殺人狂時代

劇場公開日

解説

都筑道夫の原作「飢えた遺産」(東都書房刊)を、「暗黒航路」の小川英、「黒い賭博師 悪魔の左手」の山崎忠昭と「大菩薩峠(1966)」の岡本喜八が共同で脚色し、岡本喜八が監督したコメディ・アクション。撮影は「これが青春だ!」の西垣六郎。

ストーリー

犯罪心理学の大学講師桔梗信治はある日、驚くべき人物の訪問を受けた。男は「大日本人口調節審議会」の間淵で、信治の命を貰うと言う。しかし、間淵は信治の亡き母のブロンズ像を頭に受けてあっけなく死んだのだが、信治は単身「審議会」に対することになった。この団体は、実は人口調節のために無駄な人間を殺すのが目的で、会長はヒットラーに心酔する精神病院の溝呂木院長、それに元ナテスのブルッケンマイヤーが加わっていた。信治は、ブルッケンマイヤーが仕事の手始めとして電話帳から無差別に選んだ一人だったのである。一方、信治には特ダネを狙う記者啓子と、コソ泥のビルが味方についた、啓子の肉体的サービスをおまけに。ところで、信治殺しに失敗した「審議会」は、その後次々と殺し屋をさし向けてきたが、その度に三人の返り討ちにあっていた。溝呂木はブルッケンマイヤーが執拗に信治を狙うのに疑問をもち問い質したところ、信治の背中の傷には戦争中ヒットラーの手から盗まれたダイヤモンド“クレオパトラの涙”が隠されているという。彼は、面子にかけてもと、義眼に毒針を仕込んだ女や、松葉杖からメスを発射する男を繰り出した。一方、信治は平和的武器を頼りに彼らの手を逃れていたが、啓子が捕われたことから危機に陥った。しかし、ビルの助けを得た信治は啓子を救い出し、ついに「審議会」を潰滅したのである。こうして、精神病患者を殺人狂に仕立て上げ、日本の人口を減らそうとした溝呂木たちのファナティックな野望は打ち砕かれたのであった。...

スタッフ

監督
脚色
小川英
山崎忠昭
岡本喜八
原作
都筑道夫
製作
田中友幸
角田健一郎
撮影
西垣六郎
美術
阿久根巖
音楽
佐藤勝
録音
渡会伸
照明
西川鶴三
編集
黒岩義民
スチル
副田正男

キャスト

作品データ

製作年 1967年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 99分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全4件)
  • 水虫より理不尽なこと 「余計な奴はどんどん減らそう!」を合言葉に、世界中の裏社会で暗躍する人口調節審議会なる殺人パラノイアの集団が、ある理由により殺す価値も無さそうなド近眼のマザコン中年の命を狙う。 その悪の総帥・溝... ...続きを読む

    みつまる。 みつまる。さん  2015年8月20日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 個性派揃いの殺し屋達。 それを束ねる怪しすぎるほどの天本英世。 冴... 個性派揃いの殺し屋達。 それを束ねる怪しすぎるほどの天本英世。 冴えない大学講師の仲代達矢。 セクシー満点な団令子。 今どきなPVを観ているような、テンポの良い編集と映像美。 こんな無国籍映画っ... ...続きを読む

    伝馬町 伝馬町さん  2015年3月11日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 日本映画の隠れた宝 こんな時代にこんな過激で狂った映画があったのか!いや、こんな時代だったからこそおもしろい映画が出来たんだ! 今の日本映画は、岡本喜八を見習うべき。 仲代達矢かっこいい! 次から次へと登場する殺し... ...続きを読む

    ナリ ナリさん  2014年7月23日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

殺人狂時代[DVD] 殺人狂時代[DVD] 殺人狂時代[Blu-ray/ブルーレイ] 天国と地獄[Blu-ray/ブルーレイ]
殺人狂時代[DVD] 殺人狂時代[DVD] 殺人狂時代[Blu-ray/ブルーレイ] 天国と地獄[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2006年2月24日 最安価格: ¥3,849 発売日:2011年1月29日 最安価格: ¥3,242 発売日:2016年12月22日 最安価格: ¥2,797 発売日:2010年2月19日 最安価格: ¥3,691
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

殺人狂時代(字幕版)
殺人狂時代(字幕版)
2016年5月16日
¥300
iTunes
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi