下駄とジャズ
ホーム > 作品情報 > 映画「下駄とジャズ」
メニュー

下駄とジャズ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

50年前にジャズにとりつかれた老人が昔のバンド仲間の消息を尋ね歩く姿を描いた、「ひとけたの夏」に続く伊丹市製作の16ミリ作品。監督・脚本は「晩秋」の住野真子、共同脚本に西尾幸嗣、撮影は横山健二がそれぞれ担当。

ストーリー

1941年の夏、電気蓄音機から流れる敵国アメリカの音楽ジャズに、すっかり夢中になってしまった地主の息子繁邦は、どうしてもジャズを演奏してみたくなり、叔父にもらったジャズのレコードを聴いては、こっそりトランペットの練習をしていた。繁邦の知人で尋常小学校教師の村社も、無関心を装いつつアコーディオンの演奏を始めた。ある日のこと、繁邦は村外れの洞窟に父と暮らす風変わりな青年鉄造に出会う。鉄造の持つヴァイオリンケースに目をつけた繁邦はさっそく仲間に誘い、その後も説得を続けたが鉄造は決して首を縦には振らなかった。一方、村社の紹介でドラムを担当する日出雄の参加が決まるが、軍人の兄にジャズのことがバレ、怒りをかってしまう。しかし懲りずにジャズにこだわる繁邦は、洞窟でヴァイオリンを奏でる鉄造の姿をみつけ、ついに鉄造の心を開くことに成功する…。月日が流れ1991年。今やプロの老ジャズメンである鉄造は、久しく会うことのなかったかつてのジャズ仲間を訪ね始めた。ある者はこの世を去り、ある者はジャズと無縁の生活を送っていたが、最後に訪ねた繁邦だけは、あの日と同じトランペットを手に年老いていたのだった。...

スタッフ

監督
脚本
住野真子
西尾幸嗣
プロデューサー
抹茶麹
荒金厚
撮影
横山健二
美術
大野譲一
音楽
山口真司
編集
斎藤夕
監督補
西尾幸嗣
助監督
秋元克次
佐藤和隆
樋川直人
スチール
山浦智嗣

キャスト

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 伊丹映画祭実行委員会
上映時間 54分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「下駄とジャズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi