蟹工船(1953)
ホーム > 作品情報 > 映画「蟹工船(1953)」
メニュー

蟹工船(1953)

劇場公開日

解説

昭和初年にかかれた小林多喜二の原作を俳優から転出の山村聡が第一回の脚色・監督にあたった。撮影監督・音楽はそれぞれ「ひろしま」の宮島義勇、伊福部昭。監督山村聡自身、森雅之、日高澄子、中原「村八分」、河野秋武などの他、現代プロ、前進座、東京映画俳優協会、劇団東芸、少年俳優クラブのメンバーが出演、これに千葉県勝山の網元平田末喜三が大役に特別出演している。

ストーリー

昭和初年のある春。折からの大不況にあぶれた鉱夫、農夫、労働者上りの雑夫たちを乗せた蟹工船博光丸は、ベーリング海の漁場めざして函館港を後にした。連日吹きすさぶ嵐に船酔いし、不潔な生活から続出する病人たちに、蟹工船の浅こと監督の浅川を中心とする幹部らはむりやり作業を強制する。浅川の冷酷さはSOSを打ちつづける僚船をも漁場に急ぐため無視し、カムサッカの漁場では突風警報をおかして川崎船を操業させ、多数の遭難者を出した。連日の酷使についに倒れた「学生上り」は偽病人としてボイラーに縛りあげられ、反抗した雑夫平太は撲殺された。低下の一途を辿る生産高にあせったた浅川は、拳銃で漁夫らの反抗をおさえ、ソ連領海への侵入を企てる。その上、過労で病死した青年の体を、すげなくつめたい海に沈めた無情さに、漸く怒り心頭に発した漁夫たちは、ついに就業を拒んだ。代表たちは監督に要求書をつきつけ、拳銃で威脅しようとする彼を、叩きのめした。が、翌朝、浅川らの連絡で駈けつけた駆逐艦「初風」から、武装した一隊の水兵が工船に乗りうつり、暴動代表者の拘引をはじめる。彼らを奪還しようと騒ぐ漁夫たちは、包囲した水兵らの銃弾に次々、のけぞり倒れた。...

スタッフ

監督
脚色
山村聰
原作
小林多喜二
製作
山田典吾
撮影
宮島義勇
仲沢半次郎
美術
小島基司
音楽
伊福部昭
録音
空閑昌敏
照明
吉田章
織間五郎

キャスト

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 北星
上映時間 112分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • 蟹工船 厳しさ ネタバレ! 日本の映画でしか味わえないような、独特な厳しさを感じることが出来ます。 決して逃げることの出来ない船の上での仕事の決断の大切さを学ばせてくれます。 モノクロですが、一見の価値があると思います。 ...続きを読む

    macoto macotoさん  2013年2月20日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

二代目はクリスチャン 角川映画 THE BEST[DVD] 愛のお荷物[DVD] 必殺仕掛人[DVD] あの頃映画 松竹DVDコレクション 女優 須磨子の恋[DVD]
二代目はクリスチャン 角川映画 THE BEST[DVD] 愛のお荷物[DVD] 必殺仕掛人[DVD] あの頃映画 松竹DVDコレクション 女優 須磨子の恋[DVD]
発売日:2016年1月29日 最安価格: ¥1,500 発売日:2012年6月2日 最安価格: ¥1,909 発売日:2002年8月24日 最安価格: ¥3,283 発売日:2014年5月2日 最安価格: ¥1,990
Powered by 価格.com

他のユーザーは「蟹工船(1953)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi