風と樹と空と
ホーム > 作品情報 > 映画「風と樹と空と」
メニュー

風と樹と空と

劇場公開日

解説

石坂洋次郎の同名小説を「美しい暦(1963)」の三木克巳が脚色「夕陽の丘」の松尾昭典が監督した青春もの。撮影もコンビの萩原泉。

ストーリー

沢田多喜子は集団就職の一員として、級友新二郎、武雄、吉夫、信子、かね子らと上京し、安川家のお手伝いさんとなった。その夜、多喜子を迎えた安川家の晩餐は、多喜子の無邪気な明るさで、これまでになく和気あいあいたるものになった。主人儀一郎、妻弓子、長男三郎、長女澄子、それにばあやといった安川家の人々は、この多喜子の明るさを心から喜んだ。そんなある日、一緒に上京した喜子の仲間たちは日比谷公園に集り、各々の仕事や私生活の話に花をさかせた。その日多喜子は吉夫が借りて来た車でドライヴを楽しんだが、途中、信子と武雄が将来を誓い合った仲だったことを知って驚いた。多喜子は武雄に密かな好意をよせていたのであった。一方安川家では長年働いていたばあやがやめて、多喜子は益々忙しくなったがそんな中にも多喜子は、三郎や、澄子の相談相手となって、いっしょに悩み悲しんだ。が、そんな時、多喜子のもとに、武雄と信子の結婚通知が届いた。披露宴は武雄のアパートで、仲間と共に賑やかに行われた。そんな賑いを見ている内、多喜子は、自分が一人ぼっちであることに気ずき、涙をこぼすのだった。そして同じ想いの級友新二郎との心のふれ合いを感じ、感傷にふける多喜子だった。数日後多喜子は新二郎が、帰郷するという手紙を受け、急いで上野駅にかけつけたが汽車は一足違いで出た後だった。多喜子は悲しみに沈んだ。が、翌日、町内大会の野球試合に元気に出場し、バットを振る多喜子の姿があった。晴れた空も、そよぐ風も樹も、そんな多喜子の姿を祝福するかのようにざわめいていた。...

スタッフ

監督
脚色
三木克巳
原作
石坂洋次郎
企画
坂上静翁
撮影
萩原泉
美術
千葉和彦
音楽
池田正義
録音
片桐登司美
照明
大西美津男
編集
井上親弥
スチール
目黒祐司

キャスト

作品データ

製作年 1964年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 86分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

風と樹と空と[DVD] BUDDHA2 手塚治虫のブッダ-終わりなき旅-[DVD] 母と暮せば 豪華版(初回限定生産)[Blu-ray/ブルーレイ] 伊豆の踊子[DVD]
風と樹と空と[DVD] BUDDHA2 手塚治虫のブッダ-終わりなき旅-[DVD] 母と暮せば 豪華版(初回限定生産)[Blu-ray/ブルーレイ] 伊豆の踊子[DVD]
発売日:2012年6月2日 最安価格: ¥1,909 発売日:2014年8月8日 最安価格: ¥3,827 発売日:2016年6月15日 最安価格: ¥5,309 発売日:2011年10月4日 最安価格: ¥1,516
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

風と樹と空と
風と樹と空と
2012年7月20日
¥500
ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi