美味しんぼのレビュー・感想・評価

メニュー

美味しんぼ

劇場公開日 1996年4月13日
4件を表示 映画レビューを書く

三國連太郎・佐藤浩市の料理バトル? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

88年にアニメ放送が始まり、94年に唐沢寿明、原田芳雄でテレビドラマ化された人気コミックの映画化。

唐沢版の海原雄山は、その後江守徹が引き継ぎ、松岡昌宏版だと松平健が演じている。この96年の松竹映画では、36歳の佐藤浩市と73歳の三國連太郎が、原作のイメージをかなり変えてしまい原作ファンには不評を買ったようだ。

原作は、20代もしくは30前半のグータラ社員山岡士郎と50後半から60代前半くらいの海原雄山が親子でありながら憎悪の火花を散らしつつ料理対決をするマンガチックなストーリーだと思う。

この映画でも魚対決で、士郎はわざわざホームレスに取材して兜煮をメニューにしている。対する海原雄山は、なんとアジの開き定食で対抗するというなんともマンガチックな展開。

akkie246
akkie246さん / 2018年1月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シンクロ。

究極と至高のメニュー対決や、とある目的のため某所に赴くシーン等、物語に深みがない。
漫画をサラッとなぞっただけなのでは、という印象拭えず。

但し、三國連太郎と佐藤浩市の親子対決が、物語の設定とシンクロする瞬間があります。そこだけでも、観て良かったかな、と。

Nori
Noriさん / 2014年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

TVドラマの方が見たくなったな~

漫画と同じく、親子仲の悪かった三國、佐藤が親子役で共演した、
それだけがウリの映画。

原作のキモでもある料理のウンチクはほぼ無し。
話に絡んでくるはずのサブキャラは使い捨て。

同じ原作でも同時期にTVドラマでやっていた唐沢寿明主演の方が
はるかに面白かった。

りっさん
りっさんさん / 2013年5月4日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなか原作を超えるのは難しいよねぇ・・。

作品は観る人全てが知ってるベストセラー漫画。
だけに実写化は非常に評価が厳しく出るものです。
この作品は話題として三國連太朗、佐藤浩市親子の
共演と言う事で話題にもなりました。

まあ、今観ると駄作です。
まず、主演山岡士郎役の佐藤浩市はその役を非常に良く
演じていると言える。漫画のイメージぴったり。
だけどね肝心の海原雄山役の三國連太郎御大が
あまりにも似ていない。
傲慢で堂々としたあの役ではなく、まるで魯山人か?
と言うほどの老いたただの老人になっている。
あまりにも大物すぎて細かい注文付けられなかったのかな?
もう少しメイクや衣装何とかしろよって感じです。
演技も正直あまり憎々しく無くって・・・。
それなもんですから山岡の異常なまでの父親嫌いと
反発のコントラストが薄すぎて何とも感情移入が
しずらい作品に仕上がっています。
この作品の肝なはずなのに。
なので駄作になり下がってしまった感があります。
結構な名脇役がキャスティングされてるんですけどね。
まあ、原作が好きな方は、テーマである親子の反発が
少し薄い作品としてご覧になってください。

作品として

としぱぱ
としぱぱさん / 2013年5月4日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi