ありふれた愛に関する調査のレビュー・感想・評価

ありふれた愛に関する調査

劇場公開日 1992年3月21日
1件を表示 映画レビューを書く

まあまあだった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 昔見た時は、すごく面白く感じたのだが改めて見たら、さっぱり面白くなくてびっくりした。探偵ものなのに、尾行であっさり解決したり、津川雅彦に聞けば全部知っていたりなど謎解き要素はなかった。都合よく二人の美女と簡単にセックスしたのに虚無感を抱えているなど、ちゃんちゃらおかしい。お天気お姉さんと世良公則のニャンニャン写真を元に人探しをするのだが、お天気お姉さんの方もさらして探していて、雑だった。探偵としての活動をもう少し丁寧に描いて欲しかった。

 世良公則が30代でヤクの売人と言う残念な職業なのにかっこよかった。

 なんで昔見た時そんなに面白いと思ったのかが謎だ。アンニュイな雰囲気がよかったのだろうか。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2015年5月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi