ぼくは歩いてゆく
ホーム > 作品情報 > 映画「ぼくは歩いてゆく」
メニュー

ぼくは歩いてゆく

劇場公開日

解説

9歳の少年ファルハードは、麻薬中毒である両親が出生届を出さなかったために戸籍も身分証も持っていない。そのため学校に行くこともできず、正規に働くこともできない。それでも家計を助けるため、板金工場で働いている。ある日ファルハードは警察に連れて行かれ、呼び出された母親は「なぜ子供の戸籍を取らないのか、なぜ働かせるのか」と係官に叱りつけられる。両親は息子のため、なけなしの金を用意して戸籍を取ろうとする。

作品データ

原題 Daan
製作年 1998年
製作国 イラン
配給 ビターズ・エンド
上映時間 90分

映画評論

少年の苦境を淡々と見つめたドキュメンタリー・ドラマ
ぼくは歩いてゆくの映画評論・批評

「運動靴と赤い金魚」のヒットにより、“良質なイラン映画=児童映画”という図式がますます顕在化しているように思う。だからアボルファズル・ジャリリという常に少年を主人公に撮り続けるイランの映画作家がいる、と紹介した時、その作品が“イランの...ぼくは歩いてゆくの映画評論・批評

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi