海の上のピアニスト : 映画評論・批評

海の上のピアニスト

劇場公開日 1999年12月18日
1999年12月15日更新 1999年12月18日より丸の内ピカデリー2ほか全国松竹・東急系にてロードショー

ティム・ロスの弾きざまにうっとり、“泣かせの巨匠”十八番のドラマ

画像

ニュー・シネマ・パラダイス」の成功以来、J・トルナトーレ監督は、E・モリコーネという作曲家の名前と固く結びついています。いわばトルナトーレという人の映画への立ち位 置は、マカロニウェスタン以来の“巨匠”に学んだと言っても過言ではないでしょう。誰もが共感できる“よい物語”に素直に寄り添うこと。てらいなく予定調和を歌い上げること。“煽り”の大好きな作曲家は、上手にストーリーを話し、客に受けたい若者のステップアップを喜んでサポートしてきたわけです。そしてその到達点とも言える大作「海の上のピアニスト」が完成しました。大西洋を往復する巨大な豪華客船の中で生まれ、生涯その船を下りなかった、ある天才ピアニストの物語。こう記すと、壮大でなかなか深味のある筋立てですが、残念ながらフィルムに接してもそれ以上の細部には決して出会えないでしょう。人生論もどきの平板なタワゴトが、スキのないセットで繰り返されるだけ。「上手に着飾っているのにどうしようもなく退屈な青年」と言えばいいのでしょうか。ああ、でもティム・ロスは違うんです。天才ピアニストのイノセンスや諦念やらを演じつつも、どこか“心ここにあらず”の振る舞いはさすが。森雅之を思わせるボーッと疲れた顔がこの作品の救いです。

(日下部行洋)

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全19件)
  • 陸に住む私たち この上ない現代へのアンチテーゼ。 海の上でしか生きられないピアニストは、現代社会を俯瞰することができた。 限りないビルの高さ、限りない道の本数、限りない金、限りない女、そして限りない戦場。 ... ...続きを読む

    グダール グダールさん  2016年8月25日 00:15  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 切ない ネタバレ! ...続きを読む

    ゆうら ゆうらさん  2016年7月24日 23:01  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ナィンティーンハンドレット! この映画の中で過去(思い出)はドキュメンタリー、現在(船爆破)はファンタジーだという印象で鑑賞していました。 主人公の天才ピアニストっぷりが凄い。 ピアノと共に生きた人生…友情、怒り、喜び、... ...続きを読む

    にゃんた にゃんたさん  2016年4月19日 23:03  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ハドソン川の奇跡 ハドソン川の奇跡 機長は英雄か、犯罪者か? 老成してなお鋭さを増すイーストウッドの演出力
  • 高慢と偏見とゾンビ 高慢と偏見とゾンビ J・オースティン×ゾンビの最新マッシュアップに、フェミニズム活劇の新フレイバー
  • ある天文学者の恋文 ある天文学者の恋文 名匠トルナトーレが描く、宇宙の深淵にてミステリアスに輝き続ける愛の物語
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi